[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

谷田成吾の野球note「なぜ『由伸2世』といわれた私が26歳で球団代表になったのか」

野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスは19日、昨年まで選手として在籍した谷田成吾氏が球団新代表に就任すると発表した。「由伸2世」の異名で、アマチュア球界で名を馳せた元スラッガーが引退後、1年間の会社員生活を経て、プロ球団の運営トップに就任するという転身。野球関係者に驚きを呼んだ。

徳島インディゴソックスの球団代表に就任した谷田成吾氏【写真:球団提供】
徳島インディゴソックスの球団代表に就任した谷田成吾氏【写真:球団提供】

日本最年少で就任、26歳の徳島新球団代表が執筆コラムを始動

 野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスは19日、昨年まで選手として在籍した谷田成吾氏が取締役兼球団代表に就任すると発表した。「由伸2世」の異名で、アマチュア球界で名を馳せた元スラッガーが引退後、1年間の会社員生活を経て、プロ球団の運営トップに就任するという転身。野球関係者に驚きを呼んだ。

【特集】「金メダルで恩返しを」 ソフトボール界の天才打者が持ち続けた想い / ソフトボール・山田恵里インタビュー(GROWINGへ)

 26歳は日本最年少の球団代表。これまでも谷田氏のキャリアを追いかけてきた「THE ANSWER」は、野球界で異例の道を歩み始めた元スラッガーのセカンドキャリアに共感し、“青年球団代表”にエールを込めた新たなコラム「徳島インディゴソックス球団代表・谷田成吾の野球note」を始動する。

 26歳の若さで球団経営の世界に飛び込んだ想い、独立リーグが置かれているリアルな現実、人口減少している野球界の未来に対する願い。1人の若者としての等身大の価値観を織り交ぜながら、毎月、本人が自らの言葉でつづる。第1回は「なぜ『由伸2世』といわれた私が26歳で球団代表になったのか」。驚きの転身の裏にあった想いとは――。

 ◇ ◇ ◇

 12月19日、徳島インディゴソックスの新代表就任を発表する記者会見を行いました。想像していた高揚感より、何としても黒字化させ、魅力ある球団にしなければならない責任と重圧を強く感じています。オーナーから与えられた使命は「球団経営を安定した黒字に転換させ、徳島インディゴソックスをずっと続く球団にすること」。

 球団代表という仕事は一般的に、球団を代表する権限を持ち、球団運営の決定に関わることのできる役職。独立リーグの場合は、球団の経営だけでなく、チーム編成や試合の運営など、多岐の仕事に関わる役職になります。監督やコーチは当然ながら年上ばかり。しかし、私も経営面から遠慮なく意見を言い、お互いより良くなろうと議論できる関係を築くことが必要です。

 現在、独立リーグで黒字として成功している球団はごくわずか。それも大きな親会社を持たず、限られた地方都市での実現は困難を極めています。先日、BCリーグの福井球団が存続危機に陥ったことからも独立リーグ運営の難しさは伺えます。しかし、私には徳島インディゴソックスを絶対に良くしたいという思いがありました。

 NPB輩出数が日本一の独立リーグ球団として「選手の挑戦を支える」という側面がありますが、魅力はそれだけではありません。私を通して少しでもインディゴソックスについて伝えたいという想いから、コラムを書く機会を頂きました。今回は「なぜ、私が厳しい立場にある独立リーグの球団代表に就任したのか」について、いくつかの項目に分けて、お話したいと思います。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集