[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強の甲子園V投手は死んでいない 二刀流、手術、結婚 吉永健太朗、8年後の夏の真実

今年も乾いた金属バットの音色が、青い空に映える季節がやって来た。蒸し暑さが覆う、JR東日本グラウンド。顔を見るなり、その男は17歳の頃と変わらない優しげな口ぶりで、笑いかけてきた。「今の僕が、記事になるんですか?」。名前は、吉永健太朗という。アマ野球ファンなら、ピンと来るだろう。かつて高校野球の聖地で主役になったエース。年を聞いて「もう、25歳になりました」と笑ったが、この時期が来ると、8年前の夏の雄姿をなお、思い出す。全国の球児が日本一を目指す今、聞いてみたい。

11年夏の日大三エースとして活躍した吉永の知られざる今に迫る【写真:楢崎豊】
11年夏の日大三エースとして活躍した吉永の知られざる今に迫る【写真:楢崎豊】

11年夏の日大三エースの知られざる今、引退危機の大怪我から起こした「30%の奇跡」

 今年も乾いた金属バットの音色が、青い空に映える季節がやって来た。蒸し暑さが覆う、JR東日本グラウンド。顔を見るなり、その男は17歳の頃と変わらない優しげな口ぶりで、笑いかけてきた。「今の僕が、記事になるんですか?」。名前は、吉永健太朗という。アマ野球ファンなら、ピンと来るだろう。かつて高校野球の聖地で主役になったエース。年を聞いて「もう、25歳になりました」と笑ったが、この時期が来ると、8年前の夏の雄姿をなお、思い出す。全国の球児が日本一を目指す今、聞いてみたい。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 あなたにとって、最強の甲子園優勝投手は誰ですか――。

 平成でいえば、松坂大輔は別格だろう。斎藤佑樹は決勝再試合で伝説になったし、島袋洋奨、藤浪晋太郎の春夏連覇も凄かった。答えなど、一つではないことは知っている。そのマウンドをどこで、どう見て、どんな思い出に彩られているか。オンリーワンの記憶とともに語られるべきではないか。初めてテレビで観た甲子園のヒーロー、職場・クラスの話題をさらった時の人、「熱闘甲子園」で泣いた人間ドラマ……理由は様々だ。そんな理屈に照らせば、筆者は吉永健太朗がその人だった。話は、少し逸れる。

 2011年、夏。圧倒的な強さを誇った日大三の背番号1が決勝のマウンドにいた。当時、スポーツ新聞社の記者1年目。光星学院戦、先輩記者から「10年前の優勝メンバーを探してコメントを取れ」と命じられ、客席を歩き回った。三塁側アルプス席から田村龍弘(現ロッテ)、北條史也(現阪神)ら強力打線を「左投手のカーブのように曲がる」と評された宝刀シンカーでなで斬る姿は、輝いて見えた。取材者として初めて目撃した甲子園優勝投手。私の「最強の――」が生まれ、以来、その姿をずっと追ってきた。

 しかし、あれから8年。25歳となり、メディアから名前が消えた吉永健太朗の今を知る人は少ない。だから、ここに記す。

 大学生活の船出は順風満帆だった。早大1年春から東京六大学リーグ戦で活躍し、日本一を達成。誰もが3年後のプロ入りを信じた。歯車が狂い始めたのは、2年秋。「もとから安定しにくかった」というフォームが乱れた。最初は小さかった誤差が日増しに大きくなっていく。気づけば、本来の投げ方を忘れてしまった。直球が140キロに届かない。右肩を痛め、ベンチすら弾かれた。

「4年間を振り返ってみると、苦しい大学生活でしたね」と寂しそうに笑い、「都の西北」で過ごした記憶を呼び起こした。

「高校時代に戻ろう、戻ろうとしていた。シンカーを投げることをすべての軸に考えてしまい、フォームが変わっていく中で、投げ方そのものがわからなくなった。だんだん直球も行かなくなる悪循環。甲子園がある種の理想になっていたのかな。西東京大会決勝で負けていたら、変わっていたかもしれない。終わり良ければすべて良しと言うけど、自分の4年間は最初だけだったから」

 甲子園の輝きに、自らががんじがらめになり、抜け出せなくなった。大学通算11勝10敗。日大三の同級生だった明大・高山俊(現阪神)、慶大・横尾俊建(現日本ハム)、早大の同僚だった茂木栄五郎(現楽天)、重信慎之介(現巨人)らがプロ入りする一方で、高校時代に「世代No.1投手」と注目を集めた男はプロ志望届を提出することなく、ひっそりと社会人のJR東日本に進んだ。

 一度失った輝きは、そう簡単に取り戻せなかった。思うように結果が出せず、1年目のオフ、野手転向を打診された。幾多のプロ選手を輩出した名将・堀井哲也監督が「打撃センスが良い。足も速い。ショートとして鍛えれば、2年後にプロ入りもある」と可能性を見い出した。しかし、吉永は頑として首を縦に振らない。普段は朴訥として気の優しい男が、指揮官に真正面から主張した。

「野手になるくらいなら、野球を辞めます」。必死に言った吉永は「投手をやりながら、ではダメですか」と食い下がった。堀井監督に「そんな気持ちじゃ、野手も無理だ」と一蹴されると「分かりました。野手を100%やるので、それ以外のところで投手をやらせてください」。最初は「投手を思い出させることはしたくなかった」という堀井監督も「そこまで言うなら……」と折れた。

 消えなかったマウンドへの情熱。説得した恩師が、説得された。ただ、この挑戦が結果的に壮絶なドラマの引き金となった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集