[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、ウィザーズ番記者が「良い比較例になる」と名前を挙げた25歳のスターとは?

成長力にかかる期待「下部チームの試合に出て経験を積むことも選択肢の一つ」

 シアカムのように3年目に主軸となることを目安とするなら、1年目はどのくらいの活躍が見込まれるのか。バックナー記者は「チームはルイに大きな期待を抱いていることは確かだけど、新人を慎重に育てる傾向がある。ベンチには入っても、開幕戦の先発メンバーから外れるかもしれない。最初の10試合くらいはローテーションに入らない可能性もある。でも、それは日本から大きな期待を受ける彼にとっていいことだと思う。じっくりと育てることのできるチーム状況も助けになる」との見解を示す。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 さらに同記者は、シーズン中に下部リーグの試合に出る可能性も指摘する。「例えば、ホームで3試合を行う間、上で出場機会に恵まれなかった場合、下部チームの試合に出て経験を積むことも選択肢の一つではないか」と言う。

 ミニキャンプでは他の選手と積極的にコミュニケーションをはかるなどチームに溶け込もうとする姿勢は、周囲に好印象を与えた。「次世代のMVP候補だとか、もっとも成長した選手になる、というような予想は現時点ではできない。でも、とても精神的に成熟しているように見えるし、堅実性も備わっている。例えば、1年目に1試合平均5得点だったとしても、2年目、3年目と着実にステップアップしていける能力があるように感じる」と、伸びしろに着目している。

 ドラフトから1週間余りが経った現在、日本人として初めてドラフト1巡目で指名されたルーキーの存在は、地元メディアにポジティブに捉えられている。八村もワシントンの街について「いい人が多いので、そういうところは安心できる」と好印象を語る。良好な関係は、これからも続いていきそうだ。

(岡田 弘太郎/Kotaro Okada)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集