[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、井上尚弥は海外でも支持されるのか 心を奪って離さない“3つの魅力”とは

この瞬間を待ち焦がれていたボクシングファンも多いだろう。モンスターがいよいよリングに帰還する。WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は英スコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(日本時間19日早朝)に挑む。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

海外ファンも待っていた224日ぶりのリング

 この瞬間を待ち焦がれていたボクシングファンも多いだろう。モンスターがいよいよリングに帰還する。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は英スコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(日本時間19日早朝)に挑む。

 昨年10月7日、横浜アリーナでフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をたったの70秒で沈めて以来、224日ぶりの試合。もっと井上の姿を見たい。日本のみならず、世界のボクシングファンは飢えていた。

 かつてここまで世界から評価された日本人ボクサーがいただろうか。権威ある米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンドで日本人史上初の5傑入り。最新のランクでは7位だが、今回の内容次第ではさらに上位に食い込む可能性も秘めている。

 なぜ、井上は世界から注目されるのか。3つの理由から紐解いてみた。

 1つめは井上が“本物”だということ。

 ボクシングにおいて本物とは――。現在世界には主要4団体。17階級ある上に、スーパー王者、暫定王者、ダイヤモンド王者……。チャンピオンは1人じゃないの? 本当に強いのは一体誰なの? そんな疑問が渦巻いている。

 これだけ王座が乱立しているのだから、当然“強くない”チャンピオンも存在する。そんな王者からベルトを奪い、強くない相手に防衛する。今は最強でなくても、相手を選びさえすればチャンピオンと言える時代なのだ。

 一方で井上は、デビューわずか4戦目で田口良一を破り王座を獲得。田口は後にライトフライ級世界2団体でベルトを巻く“強い”王者だった。

 そして2014年にはフライ級の世界王座を16連続防衛、WBO世界スーパーフライ級王座を11連続防衛中のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)に2回で4度ダウンを奪う衝撃のKO勝ち。プロアマ通じて1度もダウン経験のなかった強豪を沈め、世界を驚かせたのだ。

 8戦で2階級制覇を成し遂げたモンスター。しかしスーパーフライ(SF)級ではことごとく相手に逃げられた。SF級で強豪と言われた選手たちは、まさに井上を避けて他団体のベルトを獲得。6度防衛する中で、統一戦を願ったがついにはかなわなかった。まさに本物であることの証明だろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集