[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

変わろう、野球 筒香嘉智の言葉「子どもは大人の顔色を窺いながら野球をしている」

ドミニカ共和国で触れた子ども達の無邪気な姿、大人の様子を窺うこともなく…

 休養日には、現地の子ども達の練習風景を見学。数多くのメジャーリーガーを輩出する土地だけに、さぞや厳しい指導が行われているのかと思いきや、コーチは子ども達を褒めこそすれ、怒鳴ったり罵倒したりすることはなかった。

【注目】私が「通信制高校」を選択したワケ 畑岡奈紗が送る、進路に悩むジュニアへの言葉

「日本では、監督やコーチが子ども達を怒るのは当たり前。教えたことをやらなかったり失敗したりすれば怒鳴り散らすから、子どもはみんな大人の顔色を窺いながら野球をしている。だから、野球教室に行っても、自分から前に出てくる子って少ないんですよ。それが、ドミニカでは正反対。子ども達が失敗しても、監督やコーチは『また次頑張ろう』って声を掛けるし、いい点を見つけて褒めている。それはみんな『次こそホームラン打ったろ』って、やる気出しますよね」

 初めて出会う日本人にも怖じ気づくことなく「一緒に野球をしよう」「キャッチボールしよう」と人懐こく近寄ってくるドミニカの子ども達。その姿に触れた筒香は「日本の子ども達が本来持つ姿も、これなんじゃないか?」と思ったという。そして、現地で指導者の言葉を聞き、根本的な違いに気が付いた。

「現地の指導者の方は、今、勝つことは重要視していないんです。大事なのは、今教えている子ども達の中から、将来メジャーで活躍する選手が何人出るか。だから、子ども達の可能性を潰さないためにも、得点チャンスで三振してもフルスイングだったら『よくやった。いいスイングだった。次は当たるように工夫しよう』って褒めるんです。肘が痛い、膝が痛いとなれば、無理をさせずに休ませる。日本の少年野球を見ると、今、勝つことにこだわり過ぎて、子ども達の将来が二の次になってしまっている気がするんです。肘の痛みを押してまで、今日の試合に勝つことが大切なのか。好きだった野球を嫌いになるまで練習させる必要があるのか。子どもにとって本当に大切なのは、今日の1勝よりも、将来プロ野球選手になるという夢を捨てないこと、野球を好きであり続けることだと思うんです」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集