[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

私、茂怜羅オズです “砂の日本代表10番”が挑む「選手兼監督兼クラブ代表」の道

サッカー・カンボジア代表の実質的な監督就任で話題を呼んだ元日本代表MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)。現役選手とチーム運営という“二刀流”にスポットライトが当たっているが、本田より早く、日本代表のユニホームをまといながら、クラブ運営に携わってきた男がいる。茂怜羅(モレイラ)オズ。ビーチサッカー日本代表の名手だ。

「THE ANSWER」のインタビューに応じた茂怜羅オズ【写真:岩本健吾】
「THE ANSWER」のインタビューに応じた茂怜羅オズ【写真:岩本健吾】

本田圭佑より早く“二刀流”を歩んだビーチサッカー日本代表エースの挑戦

 サッカー・カンボジア代表の実質的な監督就任で話題を呼んだ元日本代表MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)。現役選手とチーム運営という“二刀流”にスポットライトが当たっているが、本田より早く、日本代表のユニホームをまといながら、クラブ運営に携わってきた男がいる。茂怜羅(モレイラ)オズ。ビーチサッカー日本代表の名手だ。

 生まれ故郷のブラジル代表からオファーを受ける逸材でありながら帰化し、3度のW杯に出場。バルセロナでクラブ世界一も経験した“砂の上のレジェンド”は現在、東京ヴェルディビーチサッカーの選手兼監督を務める傍ら、代表としてクラブ運営に尽力もしている。「THE ANSWER」のインタビュー後編は“三足の草鞋”で奮闘する理由について。

 ◇ ◇ ◇

 インタビューの前に名刺を差し出した。こちらの動きに合わせるようにして、茂怜羅も革の名刺入れを手に、190センチの長身を折り曲げながら「頂戴します。茂怜羅オズです。よろしくお願いします」と言ってきた。その所作は古典的な日本のサラリーマンの雰囲気を感じさせる。選手であり、監督であり、クラブ代表でもある。異色の道を歩むきっかけは何だったのか。

「個人スポンサーをしてもらっている企業が東京ヴェルディとも契約していて『いつか日本のJリーグのクラブで運営したい』と社長に伝えたら、東京ヴェルディを紹介してもらった。本来は東京ヴェルディに運営してもらうのが理想だったけど、分かりやすく言えば、名前を借りている形。昨年2月に会社が立ち上がって私も選手として契約して、営業も自分でしている」

 本来はビーチサッカーの選手。企業を相手にスポンサー活動をするのは簡単なことではない。日本人に帰化し、日本語は不自由なく話せるが、ビジネスになると話は別。しかも選手としてプレーし、監督として指導しながら、だ。

「実際にやってみると、現役でプレーしながらスポンサー活動するのは大変だった。一緒にやったことのある選手を呼んできたり。チームの交通費とか、スポンサーを集めるために駆け回ったり。実際、スポンサー営業もやり方がわからない。日本語も上手じゃないし、やりながら勉強していた。去年は一番つらかった。でも、やったからこそ、つらかったとも思う」

 競技とは異なり、全く未知の世界に飛び込んだ。スポンサーを集めるといっても、何かツテがあるわけでもない。突破口となったのは、すっかり日本人の魂が宿っている茂怜羅らしい“礼節”によるものだった。

「選手として名刺交換する機会は多かったけど、もらった名刺は全部、家に置いておいた。いつ使うか分からないけど、みんな大事な会社と思ったので。じゃあ、どこから始めようと思った時に名刺があると思って、みんなに連絡したんです。それが始まり。胸スポンサーとか練習着スポンサーとか、ちょっとずつだけど、徐々に集まっていった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集