[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「知名度は伊藤、早田だけど…」 日本2連勝で光る最強カットマン・佐藤瞳の職人技【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が2日、中国・成都で行われ、女子グループリーグ2戦目に臨んだ世界ランク2位の日本は、同19位のポーランドに3-0で勝ち、9月30日のスロバキア戦から2連勝を飾った。日本唯一のカットマン・佐藤瞳(ミキハウス)が第2試合で今大会初出場。巧みな技で相手を翻弄し、勝利に貢献した。大舞台でカットマンの魅力を伝えながら、51年ぶりの優勝に突き進む。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

世界卓球団体戦、ポーランドのK・ベングジンに勝利した佐藤瞳【写真:Getty Images】
世界卓球団体戦、ポーランドのK・ベングジンに勝利した佐藤瞳【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦グループリーグ第2戦

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が2日、中国・成都で行われ、女子グループリーグ2戦目に臨んだ世界ランク2位の日本は、同19位のポーランドに3-0で勝ち、9月30日のスロバキア戦から2連勝を飾った。日本唯一のカットマン・佐藤瞳(ミキハウス)が第2試合で今大会初出場。巧みな技で相手を翻弄し、勝利に貢献した。大舞台でカットマンの魅力を伝えながら、51年ぶりの優勝に突き進む。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 カットマンが蝶のように舞った。K・ベングジンとの第2試合。佐藤は第1ゲーム(G)から粘り強く拾って相手のミスを誘い、ポイントを重ねた。ショートヘアをなびかせ、甘いボールをカウンターで逆襲。意表を突いた3球目攻撃を見せるなど、相手を幻惑した。11-9、11-6で連取すると、第3Gもドライブ攻撃を拾い続けた。11-9。ストレート勝ちだ。

 22歳の早田ひな、21歳の伊藤美誠、20歳の長崎美柚、18歳の木原美悠との日本代表。チーム最年長24歳の佐藤が主将を任された。この日のオーダーを聞かされたのは前日の朝だった。

「いきなり2点(2試合)起用とは思っていなかったのでちょっと意外だったけど、期待に応えられるように頑張ろうと思いました。初戦で前半苦戦したけど、みんなの良いアドバイスで乗り切ることできた。みんな明るくてベンチに帰った時に前向きなアドバイスをたくさんしてくれる。普段だったらそこでガチガチになってしまうと思うけど、ベンチのおかげで切り替えていけた」

 タイムアウト中には伊藤、早田の実績十分の後輩コンビから具体的なアドバイス。「とても心強いです。最年長のキャプテンだけど、皆さんが先輩のように頼もしいです」と感謝した。

「エンドレスリターン」と称される守備力の高さに自信を持つ。17年の国際大会では一度に10分13秒(766回)もラリーを繰り返し、国際卓球連盟から「卓球史上最も長いラリー」として紹介された。19年にはジャパンオープン、ITTFワールドツアーグランドファイナルでリオ五輪女王の丁寧(中国)に2連勝。世界ランク1位にも君臨した最強選手を倒した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集