[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

いつもと同じ練習でも景色を変える方法 バスケ渡邉拓馬が伝えたい「考える大切さ」

この日は来年3月まで半年間続くプログラムのスタートにあたる「夢宣言イベント」を開催。「東北『夢』応援プログラム」には今回、5・6年生の男女15人が参加する。夢応援マイスターの渡邉氏は、子どもたちがそれぞれ掲げる半年後の約束を達成できるように、遠隔指導ツールで成長をサポート。1日限りのイベントで子どもたちとの交流を終えるのではなく、離れた場所にいながらも継続して動画やSNSを通じたプライベートレッスンを受けられるという画期的な試みだ。

渡邉拓馬氏が気仙沼で子どもたちを指導【写真:村上正広】
渡邉拓馬氏が気仙沼で子どもたちを指導【写真:村上正広】

2017年から参加する「東北『夢』応援プログラム」で気仙沼の小学生30人を指導

 台風一過の秋晴れが広がった三陸の街に、子どもたちの元気な声がこだました。宮城県気仙沼市の唐桑地区にある小原木公民館に集まったのは、気仙沼ミニバスケットボール少年団に所属する小学生の男女30人。今や遅しと登場を待ちわびる子どもたちの前に、颯爽と姿を現した人こそ、バスケットボール元日本代表で現在はBリーグ・京都ハンナリーズでゼネラルマネージャーを務める渡邉拓馬氏だ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた、年間を通して子どもたちの夢や目標を応援する「東北『夢』応援プログラム」。このプログラムに2017年から「夢応援マイスター」として参加する渡邉氏は、これまで故郷・福島をはじめ、各地で子どもたちと触れあい、バスケットボール上達のため、そして人として成長するためのヒントを伝えてきた。

 この日は来年3月まで半年間続くプログラムのスタートにあたる「夢宣言イベント」を開催。「東北『夢』応援プログラム」には今回、5・6年生の男女15人が参加する。夢応援マイスターの渡邉氏は、子どもたちがそれぞれ掲げる半年後の約束を達成できるように、遠隔指導ツールで成長をサポート。1日限りのイベントで子どもたちとの交流を終えるのではなく、離れた場所にいながらも継続して動画やSNSを通じたプライベートレッスンを受けられるという画期的な試みだ。

 2021年から始まった気仙沼への訪問は、これが3度目となる。前年のプログラムやクリニックに参加した子どもたちも多く、「今回初めて参加する人?」と渡邉氏が質問すると手を挙げたのは4人だけ。始めは少しよそいきの雰囲気も漂ったが、弾けるような笑顔とハツラツとした声があっという間に広がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集