[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

快勝の伊藤美誠、ネットで話題「干し芋」を試合直前に食べた理由「一袋ペロリ(笑)」【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日、中国・成都で開幕し、女子グループリーグ初戦に臨んだ世界ランク2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で白星発進した。世界ランク6位のエース・伊藤美誠(スターツ)は、3-1で勝利に貢献。20歳・長崎美柚、18歳・木原美悠の“世界卓球デビュー”コンビを引っ張った。ネット上では試合直前に食べていた「干し芋」が話題に。試合後、取材エリアで理由を明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

3-1で勝利し、白星に貢献した伊藤美誠【写真:Getty Images】
3-1で勝利し、白星に貢献した伊藤美誠【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日、中国・成都で開幕し、女子グループリーグ初戦に臨んだ世界ランク2位の日本は、同30位のスロバキアに3-0で白星発進した。世界ランク6位のエース・伊藤美誠(スターツ)は、3-1で勝利に貢献。20歳・長崎美柚、18歳・木原美悠の“世界卓球デビュー”コンビを引っ張った。ネット上では試合直前に食べていた「干し芋」が話題に。試合後、取材エリアで理由を明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 伊藤はしっかりと勝ち切った。どんな選手も初戦で硬さがあるのは普通のこと。それでも、ゲームカウント3-1で勝利した木原からバトンを受け、第2試合で世界ランク178位のラボショバーを迎え撃った。

 第1ゲーム(G)は0-4とリードされたが、多彩なボールを駆使しながら逆転。11-6で先手を取り、第2Gも11-8で連取した。第3Gは相手のサーブに苦しむなど4-11で落としたが、第4Gは相手に空振りさせるほど変化するサーブをお返し。12-10で獲り切った。ベンチに戻ると、早田ひな、佐藤瞳らメンバーとグータッチ。満面の笑みを浮かべた。

「初めて対戦した選手。打ったボールに対して、私も自由だけど、さらに自由に返してくる感じでした。本当に自分を持っているなって。ああいう選手はヨーロッパに多い。簡単に勝てるとは思っていなくて、絶対に少しずつ競るなという気持ちでやっていました。こういう試合を1戦目にやって乗り越えるのが大事。まずはしっかり勝つことができてよかったですね」

 木原は個人戦を含めても初の世界卓球。長崎は前回2018年の団体戦でメンバー入りしたが、出番はなくこの日が“デビュー戦”だった。伊藤は「緊張していたかもしれないけど、そういうふうに見えなかった」と新世代の印象を吐露。3人揃って入場する直前は、舞台裏で笑いながら喋るほど強心臓だったという。

「そうしていたらリラックスもするし、普段と変わらない会話をしていましたね。(6年前に団体戦初出場だった時の)私も緊張しなかったタイプで凄く楽しんでいた。2人とも凄く楽しめていたと思います。2人とも緊張はあまり見えないタイプ。木原選手もコートに入って緊張したと言っていたけど、入る前は『全然、大丈夫』と言っていた。楽しめているのが一番なんだなって思いました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集