[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

生活ゴミが「平気でそこら中に流れている」 カヌー人生で羽根田卓也が直面した水質汚染

スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。カヌーのリオ五輪銅メダリスト・羽根田卓也(ミキハウス)は18歳で単身、カヌーの強豪スロバキアに渡り、日本で自らスポンサー営業も行うなど、競技の第一人者として道を切り開いてきた経験や価値観を次世代に伝える。

「カヌーと環境問題」について羽根田卓也が語った【写真:荒川祐史】
「カヌーと環境問題」について羽根田卓也が語った【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER スペシャリスト論」カヌー・羽根田卓也

 スポーツ界を代表するアスリート、指導者らを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。カヌーのリオ五輪銅メダリスト・羽根田卓也(ミキハウス)は18歳で単身、カヌーの強豪スロバキアに渡り、日本で自らスポンサー営業も行うなど、競技の第一人者として道を切り開いてきた経験や価値観を次世代に伝える。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 今回のテーマは「カヌーと環境問題」前編。自然を舞台にした“ネイチャースポーツ”であるカヌー。「SDGs」に象徴される環境問題が社会課題となっている今、幼い頃から地元の愛知・豊田の川で汗を流し、海外生活が長かった羽根田も関心を持っているという。前編では、環境問題で興味を持ったきっかけを明かし、実際に競技をする中で直面した水質汚染の現実についても語った。(聞き手=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

――カヌーは自然とともにある競技です。羽根田選手も環境問題に対して関心を持っているそうですね。

「まだまだ深く掘り下げられているわけではないですが、自分は自然の川で育ってきました。自然の中で過ごす時間が多い分、気づける部分も多い。川に浮かんでいると、ゴミが流れてきて、それを拾って陸に上げておく。そんなことは、子どもの頃からやっていました。水が汚れていることで、どう生活に影響し、環境に繋がっていくか。今、起きている(SDGsなどの)ムーブメントに参加しながら勉強する機会が増えました。

 もう一つ、環境問題を考える上で思うのは、自分が発信できる立場にいること。自分が発信することで、誰かが反応してくれたり、自然の中で戦うカヌー選手だからこそ説得力が生まれたりということが、きっとあると思います。そういう立場の自分が、どれだけ社会に向けて発信できるかはスポーツ選手としての義務、役目の一つ。だからこそ、環境問題に関する取り組みも自分ができる範囲でやっていきたいと思っています」

――「環境問題」と言えば、一つのワードに過ぎないですが、地球温暖化、海洋汚染、森林伐採など、考えるべきジャンルは多岐に渡ります。羽根田選手が最も関心があるのは、やはり水質汚染でしょうか?

「そうですね。水の領域の人間なので、そこで携わって勉強して、掘り下げ、皆さんに何かお伝えするのも自分の役目。都内の川を見ても、自分がカヌーをしているような場所と比べると、凄く汚い。それが当たり前で生活していくのは寂しいし、気分が良いものではない。自分が発信して、少しでも変えるきっかけを作れればいいなと」

――子どもの頃から川のゴミを拾うなどしていたと言いましたが、環境問題に興味を持ち始めたのも早かったのでしょうか?

「いえいえ、皆さんと同じです。ここ数年のムーブメントが起こってから。でも、それが起こらなかったら、誰も気づかなくて、当たり前のように“地球は青い”と思って過ごしていたはず。自分もその一人でした。ただ、それでいいと思うんです。大切なことは、誰かに気づかせてもらって、そこから自分が何をするか。自分の場合は、水の領域の人間として自分ができること、自分が発信して変えるべきこと、伝えるべきことがきっとあるのではないかと思って、水のことを調べたりしています」

1 2

羽根田 卓也

リオ五輪カヌー銅メダリスト THE ANSWER スペシャリスト

1987年7月17日生まれ。愛知・豊田市出身。ミキハウス所属。元カヌー選手だった父の影響で9歳から競技を始める。杜若高(愛知)3年で日本選手権優勝。卒業後にカヌーの強豪スロバキアに単身渡り、スロバキア国立コメニウス大卒業、コメニウス大学院修了。21歳で出場した2008年北京五輪は予選14位、2012年ロンドン五輪は7位入賞、2016年リオ五輪で日本人初の銅メダル獲得。以降、「ハネタク」の愛称で広く知られる存在に。東京五輪は10位。2022年1月、パリ五輪を目指し、現役続行することを表明した。175センチ、70キロ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集