[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

年俸240万円→1億円守護神→TJ手術 激流の20代を生きたロッテ西野勇士の忘れ得ぬ4年間

ロッテの西野勇士投手が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。育成選手から這い上がり、日本代表の試合で守護神も務めた経験もある31歳。かつては年俸1億円にも達したが故障とも戦い、2020年には右肘のトミー・ジョン手術。今季3年ぶりの1軍復帰を果たし、防御率1点台とチームに貢献している。

今季3年ぶりの1軍復帰を果たし、チームに貢献しているロッテの西野勇士【写真:球団提供】
今季3年ぶりの1軍復帰を果たし、チームに貢献しているロッテの西野勇士【写真:球団提供】

トミー・ジョン手術から今季復活、ストイック右腕の原点に迫る

 ロッテの西野勇士投手が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。育成選手から這い上がり、日本代表の試合で守護神も務めた経験もある31歳。かつては年俸1億円にも達したが故障とも戦い、2020年には右肘のトミー・ジョン手術。今季3年ぶりの1軍復帰を果たし、防御率1点台とチームに貢献している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 激流のような20代を過ごした右腕の礎となっているのは、育成選手として過ごした4年間。今季までの復活の過程を振り返るとともに、プロ人生で培ってきたハングリー精神、悩める状況に対する考え方のヒントなどを聞いた。(取材・文:THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 筆者がロッテ担当記者だった2014~15年、西野勇士はクローザーとして抜群の安定感を誇っていた。

 育成選手から這い上がった13年、先発で9勝をマークしたシンデレラボーイは、翌年から150キロを超える速球に、上原浩治を彷彿とさせるキレのいいフォークで守護神の座を掴んだ。14年日米野球では、4投手によるノーヒットノーランリレーを締めたことでも話題に。15年は54試合で34セーブ、防御率1.83。2敗はしたものの、ことセーブシチュエーションにおいては1度も失敗しなかった。

 あれから7年、31歳になった西野は大手術も経験した。右肘に異常を感じたのは2020年6月、コロナ禍明けの中日との練習試合に登板した時。当時の感覚は生々しく覚えている。

「衝撃的。ブチッというか、変な感覚が走って『ヤバい』と。自分としては試合中(その状態に)なった瞬間にトミー・ジョンをしようと、感覚的に思っていました」

 登板前、ほんのちょっとした違和感はあったが、調子自体は良かった。それが突然、爆発した。痛みを感じた後も続投したが、球速は130キロ出るか出ないかの状態に。試合後、右肘の内側側副靱帯(じんたい)損傷と診断された。

 緩んでいた靭帯をサポートしようとして、屈筋群の肉離れが生じていた。数年前にも右肘の靭帯を損傷しており、当時は保存療法を選んでいたが、今回は復帰まで1年以上を要するトミー・ジョン手術を選択した。

「開幕する裏カードの頭で先発が決まっていて、自分の中では凄くチャンスだったし、前の年も後半に先発して、オープン戦までいい感じで。『今年はいける』って順調に感じていたので、結構ショックでしたね」

 手術は眠りにつき、目覚めたら終わっていた。包帯が巻かれた腕は一切動かない。状態は日に日に良化したが、キャッチボールを再開してからが大変だった。「痛かったり、痛くなかったりの繰り返し。気持ちのコントロールがしんどい」。1軍のマウンドに戻れる日が本当に来るのか……ポジティブであろうと努めても、そうはいかない日もあった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集