[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

韓国が日本より「強かったとは思わない」 日韓W杯トルコ戦、ダバディが今も悔やむこと

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

日本は雨の降る宮城スタジアムでトルコに0-1と敗れ、ベスト16で姿を消した【写真:Getty Images】
日本は雨の降る宮城スタジアムでトルコに0-1と敗れ、ベスト16で姿を消した【写真:Getty Images】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#19 フローラン・ダバディの回顧録・第4回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 日韓W杯の決勝トーナメント1回戦、雨の降る宮城スタジアムで、フィリップ・トルシエ監督が率いる日本代表は4年に及ぶ戦いの幕を下ろした。グループリーグを首位通過し勢いに乗っていたが、トルコの堅守を破れず0-1で敗戦。日本人の誰もが不完全燃焼な思いを捨てきれなかった結末は、なぜ起きたのか。通訳として現地で悔しさを味わったフローラン・ダバディ氏が、「すべてが上手くいかなかった」という一戦を改めて振り返った。(取材・文=THE ANSWER編集部・谷沢 直也)

 ◇ ◇ ◇

 日韓W杯の4試合で最も印象に残っているのは、どの試合か――そう問うと、通訳としてベンチに座っていたダバディ氏は「トルコ戦」と即答した。

「もちろん、初戦のベルギー戦で埼玉スタジアムのトンネルを歩く時の『さあ始まるぞ』というイメージは今でも覚えているし、鈴木隆行と稲本潤一のゴールもベンチの前で起きた出来事だったから、ものすごく鮮やかな光景として残っています。だけど試合を通して、一番覚えているのはトルコ戦ですね」

 フィリップ・トルシエ監督が率いる日本代表は、グループリーグでベルギーに2-2、ロシアに1-0、チュニジアに2-0と2勝1分の勝ち点7の成績を収め、H組を首位通過。大会前に一つの目標としていた史上初のベスト16進出を決め、決勝トーナメント1回戦でC組2位のトルコと顔を合わせた。そして2002年6月18日、宮城スタジアム。雨が降るコンディションのなか、15時30分にキックオフの笛が鳴る。

 日本は前半12分、コーナーキックからトルコのウミト・ダバラにヘディングシュートを叩き込まれて失点。時間は十分に残されていたが、グループリーグ3試合とは異なり、前線に西澤明訓と三都主アレサンドロをスタメン起用したなかで思うように攻撃が機能しない。ボールを支配しながら最後まで相手の守備を崩せず、トルシエジャパンの冒険は宮城の地で不完全燃焼のまま終わりを告げた。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集