[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 清宮と1号と名言 「マグレではないかな」と重なった、あの夏の言葉

清宮と1号と名言 「マグレではないかな」と重なった、あの夏の言葉

16歳の夏、清宮幸太郎は、こう語っている。 「自分はまだまだこんなもんじゃないんで。もっと期待していただいて、その期待に応えていくやりがいをしみじみと感じながら、野球を楽しみたいです」 3年後の春、18歳となった怪物はプロ1号となる本塁打を放った。5月9日のオリックス戦(京セラD)。1年目ながら日本ハムの5番に座った背番号21は第1打席、ディクソンの変化球を捉え、高い放物線を描き、そして、右翼席に叩き込んだ。

清宮幸太郎【写真:Getty Images】
清宮幸太郎【写真:Getty Images】

プロ1号の日本ハム・清宮幸太郎が16歳で語った言葉

 16歳の夏、清宮幸太郎は、こう語っている。

「自分はまだまだこんなもんじゃないんで。もっと期待していただいて、その期待に応えていくやりがいをしみじみと感じながら、野球を楽しみたいです」

 3年後の春、18歳となった怪物はプロ1号となる本塁打を放った。5月9日のオリックス戦(京セラD)。1年目ながら日本ハムの5番に座った背番号21は第1打席、ディクソンの変化球を捉え、高い放物線を描き、そして、右翼席に叩き込んだ。

 あの夏の軌道と、やけに似ていた。熱心な高校野球ファンなら、そう思うかもしれない。

 2015年8月15日、1年生ながら早実の3番に座った背番号3は夏の甲子園3回戦・東海大甲府戦。相手エースの変化球を捉え、やはり、右翼席に叩き込んだ。これが、甲子園1号。滞空時間の長い、いわゆる“打った瞬間”というやつだ。

 ネット裏最上部の記者席から見た風景は、鮮明に焼き付いている。4万5000人がはっと息を飲み、一瞬、時が止まったような感覚。遅れてやってきた歓声。本人も「映画みたいだった」と振り返っている。

 冒頭のコメントはその日の試合後、お立ち台で言い放ったものだ。

「清宮ジュニア」の名がついた怪物は入学と同時にメディアの注目の的になり、あれよあれよという間に夏の西東京大会を勝ち上がり、甲子園にやってきた。現地入りしただけで一面を飾り、報道陣は試合そっちのけで早実の練習場に連日大挙していた。

 焦点は甲子園1号はいつ出るか。過熱する報道に対し、「話題先行」と懐疑的な見方もあったが、16歳は己のバットで“偽りの怪物”ではないことを証明した。

「自分はまだまだこんなもんじゃないんで」。期待された甲子園1号を放った直後、喜びに酔いしれるのかと思いきや、そう言い放った言葉の行間には、そんな世の中に対する強烈な矜持が滲んでいるように聞こえた。

 そして、「もっと期待して」とファンに呼びかけ、「野球を楽しみたい」と自分は余裕を見せた。到底、高校1年生とは思えない。底知れぬ期待感に胸が躍ったことを、鮮烈に覚えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー