[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫傑、現役復帰に込めた想い 伝えたい挑戦し続ける意義「どんどん失敗してもいい」

「立ち止まるも自由だし、走り始めるのだって自由。」 昨年8月8日の東京五輪男子マラソンを最後に、一度は第一線を退くことを決めた大迫傑(ナイキ)が、それからちょうど半年後の今年2月7日に現役復帰を自身のSNSで表明。そして、17日にはメディア向けにオンライン会見を行い、復帰へのいきさつなどを語った。

東京五輪男子マラソンで走る大迫傑【写真:Getty Images】
東京五輪男子マラソンで走る大迫傑【写真:Getty Images】

昨年10月には現役復帰を決断、刺激を受けたラップの激走

「立ち止まるも自由だし、走り始めるのだって自由。」

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 昨年8月8日の東京五輪男子マラソンを最後に、一度は第一線を退くことを決めた大迫傑(ナイキ)が、それからちょうど半年後の今年2月7日に現役復帰を自身のSNSで表明。そして、17日にはメディア向けにオンライン会見を行い、復帰へのいきさつなどを語った。

 大迫が現役復帰を決めたのは、実は昨年10月のことだった。

 東京五輪を終えてからは、小学生・中学生を対象としたイベント「Sugar Elite kids」の活動に勤しんだり、休養を挟んだりと、少しの間は走ることから離れていたが、その後9月末にアメリカに戻ってランニングを再開した。

「ジョグだけでなく、ワークアウトも週に1、2回入れてみようかな、と思ってやってみると、そこそこ練習ができたんです」

 そんな折、10月10日にシカゴ・マラソンが開催された。そこで激走を見せたのが、かつて練習をともにしていたゲーレン・ラップ(米国)だった。

 8位に終わった東京五輪からわずか2か月で再びマラソンに臨んだラップは、2時間6分35秒で2位に入る健闘を見せた。日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)にも先着している。35歳のラップの力走に、大迫には感じ入るものがあったという。

「力強い走りをしていて、やっぱりかっこいいなって思うと同時に、僕自身も、もう1回、見てくれる人たちがワクワクしてくれるような場所に立ちたいなと思いました。それが(現役復帰を決意した)決め手になりました。

 僕自身、トラックをやっている時から、彼は目標であり、憧れの選手でした。2、3年前に脚の故障に悩み、すごくもがいている姿も見ていたので、彼の活躍は改めて刺激になりました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集