[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

創部数か月で選手2人に… 埼玉医大G、ニューイヤー駅伝出場に導いた40歳監督の信念

創部4年にして昨年元日の第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場した埼玉医科大学グループ男子駅伝部は、36チーム中20位と大健闘した。2017年に部員5人で立ち上がったチームは、いかにして短期間で急成長を果たし、実業団陸上界に新たな風を吹き込んだのか。異色の経歴を持つ柴田純一監督の指導法と、これまでの歩みを振り返る。(取材・文=河野 正)

第65回全日本実業団対抗駅伝に初出場した埼玉医大グループ男子駅伝部【写真:河野正】
第65回全日本実業団対抗駅伝に初出場した埼玉医大グループ男子駅伝部【写真:河野正】

埼玉医大G・柴田純一監督インタビュー第2回、選手が優先すべきは「病院業務」の理念

 創部4年にして昨年元日の第65回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場した埼玉医科大学グループ男子駅伝部は、36チーム中20位と大健闘した。2017年に部員5人で立ち上がったチームは、いかにして短期間で急成長を果たし、実業団陸上界に新たな風を吹き込んだのか。異色の経歴を持つ柴田純一監督の指導法と、これまでの歩みを振り返る。(取材・文=河野 正)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 2017年4月創設の埼玉医科大学グループ男子駅伝部が、昨年元日のニューイヤー駅伝に初出場した。40歳の柴田純一監督は発足当初、総監督の下で男子と女子を指導する時期もあったが、男子監督に就任してからは独自の手法で部を改革し、短期間で中堅チームへと押し上げた。

 創設メンバーは5人いたが、環境や待遇などが十分でなかったこともあり、夏には主将の山口弘晃と鴇澤駿介の2人になってしまった。「全員辞めていたら部は終わっていた。残ってくれた2人は立派です」と柴田監督は感慨深そうに語る。

 埼玉医大病院と埼玉医大国際医療センターの医務課に所属する部員は、会計や受付などの窓口業務に携わり、創部当初は午後5時半までフルタイムで勤務した後に練習場へ向かった。合宿をはじめ遠方での大会出場は認めてもらえず、創設時には寮もなく完成したのは2018年2月だった。

 名門東洋大出身の山口だが、箱根駅伝などには出場できず、実業団で競技を続けるのは難しいと考えていた折、埼玉医大から声がかかった。

 そんな経緯もあって「(埼玉医大を)辞めようとか辞めたいとか思ったことは一度もない」ときっぱり言い放つと、「うちには絶対ノルマという練習がなく、こうしてもいいよ、ああやってもOKという風に練習の選択肢をたくさん与えてくれるんです。メニューが固定化されていた今までの指導者とは、ここが決定的に違う」と柴田監督の流儀と特長を説明した。

 学校側がアスリートクラブを立ち上げた大きな理由は、快活な人材の確保にあった。職種を問わず昨今は若手の離職率が高いが、体育会で4年間鍛えた学生は真面目で辛抱強く、元気もいいと判断し、職場の戦力として期待した。その一方で金も時間もふんだんに使い、何がなんでもニューイヤー駅伝出場という考えはない。忠実に業務をこなした上で駅伝部の活動に励む、というのが基本理念で優先度はあくまで病院業務だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集