[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田圭佑、C.ロナウドは「反骨心を力に変える天才」 10代で自ら確立した精神的支柱

スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回は選手の成長を左右する精神面について、3人の名手を引き合いに自立した個の重要性に迫る。

クラブでも代表でも目立った本田圭佑の“メンタル”、その背景とは【写真:Getty Images】
クラブでも代表でも目立った本田圭佑の“メンタル”、その背景とは【写真:Getty Images】

連載「世界で“差を生む”サッカー育成論」:精神面の充実が左右する選手の成長度合い

 スペインサッカーに精通し、数々のトップアスリートの生き様を描いてきたスポーツライターの小宮良之氏が、「育成論」をテーマにしたコラムを「THE ANSWER」に寄稿。世界で“差を生む”サッカー選手は、どんな指導環境や文化的背景から生まれてくるのか。今回は選手の成長を左右する精神面について、3人の名手を引き合いに自立した個の重要性に迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 育成においては、「選手はたとえ子供であっても、バックボーンを見つけられるか」が大きな差を生む要素になる。

 例えばキリスト教圏の国々では、まさに宗教的なものが見えざる支えになっている。勝負の不条理を乗り越えていくには、後ろ盾や“戻るべき場所”が必要になる。ブラジル人選手はインタビューなどでは活躍した後、「神様のおかげで」と枕詞のように使う。それだけ、サッカーというスポーツが信仰的なものと結びついている証左だ。

 イタリアの伝説的プレーヤーであるアレッサンドロ・デル・ピエロは、敬虔なキリスト教徒の母の影響で、幼少期には礼拝にやってきていた。もっぱら教会の裏でボールを蹴っていただけだったが、そのコミュニティにいることで身につく宗教心があるのだろう。

 筆者が訪ねた時、空き地には小さなゴールを置いたグラウンドが残っていた。

「教会に来て、とにかくボールを追っていましたよ。優しい子でした。それは大人になってからのアレッサンドロに通じるものがあります」

 グイード神父はそう振り返った。

「当時からアレッサンドロは上手かったので、足を蹴られたりしていましたが、決して蹴り返したりしませんでした。いくら酷い目に遭ったとしても、カトリックでは報復行為は認められないのです。ただ、教えを守ってじっと耐え忍んでいる姿を見ると、やるせない気持ちになりました。でも、そうやって人間としても大きくなったのでしょう」

 一つの行動規範の中で、精神的に成長できたのだろう。デル・ピエロは自らに答えを求め、鍛錬を積み、ファンタジスタとなったのだ。

 こうした宗教的なバックボーンは、日本人は持ちにくいと言えるかもしれない。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集