[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「友達でも、恋人でもいい」 五輪を目指すフィギュア選手に今、必要な“支え”とは

五輪を目指している選手に作ってほしい心の支え「友達でも、恋人でもいい」

 GPシリーズがいよいよ開幕。代表選考を兼ねた12月の全日本選手権まで、この2か月ですべてが決まる。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 男子は五輪3連覇を目指す羽生結弦、平昌五輪銀メダルの宇野昌磨、2大会連続代表を狙う田中刑事、若手の鍵山優真、佐藤駿らに期待が集まる。女子は全日本選手権2連覇である紀平梨花、平昌五輪代表の宮原知子、坂本花織に、世界選手権銀メダルの経験を持つ樋口新葉ら実力者もいる。

 最後に。今、まさに五輪シーズンに挑んでいる後輩たちへ、中野さんは「私がこうしておけばよかったと思うこと」を教えてくれた。

「誰か一人でもいいから、何でも話せる人を作っておくことです。逃げ道とまでいかないですが、スケートのことを何でも聞いてくれて、受け止めてくれる人。話すことでストレスが解消される。私の場合は姉がたくさん話を聞いてくれました。そういう存在は身近にいると、きっといい。必ずしも家族じゃなくていい。友達でも、恋人でもいい。誰でもいいから一人、自分のストレスが出せるところを作っていくことが大切です。

 そして、シーズンに入ってからは体を追い込みすぎないこと。シーズンに入るまでの練習量が凄く大事なのですが、スケートの時間とスケートを離れた時間を切り替え、なるべく楽しいことをして、リフレッシュする時間を作ってほしい。私みたいに一人で殻に閉じこもりがちなタイプは後悔の塊になってしまい、それは本当に良くない。たくさんいろんな人に話して、たくさん遊んでストレスを抱えないようにしてほしいと思います」

 12月の全日本選手権は22日から5日間、さいたまスーパーアリーナで開催。明と暗は、必ず分かれる。それでも、演技を終えた瞬間、すべてのスケーターが持てる力を出し切り、晴れやかな表情で立っていることを、中野さんは願っている。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2 3

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集