[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V狙える31年目「少し浮足立ってます」 ロッテ場内アナ谷保恵美さん「職員は同じ思い」

プロ野球、パ・リーグ首位を走るロッテ。1974年以来、47年ぶりの勝率1位でのリーグ優勝が見えている。本拠地の場内アナウンス担当31年目で、語尾を伸ばす独特の発声がZOZOマリン名物ともなっている谷保恵美さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、優勝争い真っ只中の心境を語ってくれた。(聞き手=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

ロッテ本拠地の場内アナウンスを担当して31年目となる谷保さん。勝率1位でのリーグ優勝となれば、初めての経験だ【写真:宮内宏哉】
ロッテ本拠地の場内アナウンスを担当して31年目となる谷保さん。勝率1位でのリーグ優勝となれば、初めての経験だ【写真:宮内宏哉】

優勝争い真っ只中の心境明かす「せっかくだからホームだといいねと…」

 プロ野球、パ・リーグ首位を走るロッテ。1974年以来、47年ぶりの勝率1位でのリーグ優勝が見えている。本拠地の場内アナウンス担当31年目で、語尾を伸ばす独特の発声がZOZOマリン名物ともなっている谷保恵美さんが「THE ANSWER」のインタビューに応じ、優勝争い真っ只中の心境を語ってくれた。(聞き手=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 ◇ ◇ ◇

――今年も残り23試合。ロッテは47年ぶりのシーズン勝率1位が見えています。球団職員・スタッフの雰囲気はいかがですか。

「ちょっと浮足立ってますね(笑)。でも、皆生き生きしています。『忙しくなるな』と口では言いながらもちょっとワクワクして。日本一になった2005年、2010年にはいなかった新しい職員も多いですし、せっかくだから(優勝の瞬間は)ホームだといいねと話しています」

――場内アナウンス担当31年目。通算1900試合以上を見てきた谷保さんにとっても、勝率1位Vなら初めての経験です。

「私に限らず職員は普段通りに過ごすことを心がけていますが、連敗したり、勝ってほしい時は『掃除をしよう』とか、そういうのはありますね(笑)。新聞記事のクリッピング作業で気付いたのですが、首位になると2つ負けただけでも“連敗”と大きく書かれる。優勝マジックという言葉の響きも初体験ですし、首位はそう見られるんだと実感しました」

――今年のチームを見ていて、何か感じるものはありますか。

「若い選手もたくさん活躍して、肝心なところではベテラン、外国人選手も頼りになる。強くなる時は、こうやって全てが良くなっていくのかなと最近目の当たりにしているような気がします。様々なシミュレーションをして、チームを作ってきた裏方の皆さんの力も大きいんだろうなぁと想像します」

――05年はレギュラーシーズン2位から日本一。10年も3位から勝ち上がり“史上最大の下剋上”と言われました。

「後から思うからなのか、あの頃のチームってすごく成熟して強かったなと思うんです。今江さん、西岡さんも若かったけれど、安田選手や藤原選手があの年齢。今のチームも『やっぱりあの時、あのスターがいたよね』と思うかもしれませんね。こういう経験が選手生活の中できっと大事なんでしょうね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集