[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1964年東京五輪の最終走者知ってる? 政治にも翻弄された聖火リレーの歴史【前編】

東京オリンピックは23日に開会式を迎える。大きな見どころの1つは聖火リレーの最終走者。過去の大会ではどんな背景を持つ人物が務めたのか。聖火リレーの歴史を2回に渡って振り返る。(文・江頭満正)

1964年、東京五輪で最終聖火ランナーを務めた坂井義則さん【写真:Getty Images】
1964年、東京五輪で最終聖火ランナーを務めた坂井義則さん【写真:Getty Images】

聖火リレー最終ランナーと世界の情勢

 東京オリンピックは23日に開会式を迎える。大きな見どころの1つは聖火リレーの最終走者。過去の大会ではどんな背景を持つ人物が務めたのか。聖火リレーの歴史を2回に渡って振り返る。(文・江頭満正)

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ◇ ◇ ◇

 オリンピック憲章の第1章13項には、オリンピック聖火とオリンピック・トーチという項目があり、オリンピックの一部となった聖火リレーだが、かのクーベルタン男爵が尽力し、近代オリンピック第1回として開催された1896年にアテネ(ギリシャ)大会には、聖火リレーは存在していなかった。

 聖火は、1928年アムステルダムオリンピックで、古代オリンピックでの伝承をもとに再開されている。その伝承とは「ギリシア神話に登場するプロメーテウスがゼウスの元から火を盗んで人類に伝えたことを記念して、古代オリンピックの開催期間中にともされていた」というものだ。

 この聖火をオリンピア(ギリシャ)で点火した後に開催地までリレーで運ぶという形式になったのは1936年ベルリンオリンピックからだ。

 ただ、この近代オリンピック最初の聖火リレーは、ナチスが侵略をするための下見だった。という説が存在する。

 ヒットラーを総統とするナチスドイツは1939年9月1日にポーランドに侵攻する。この時ナチスが選んだ道は聖火リレーが通った道と、かなりの部分で重なるからだ。1936年のオリンピック開催時に、すでにナチスドイツは、戦争が始まった場合に備え、戦車が通過可能な道や、橋、都市の構造を正確に把握することに、聖火リレーを使ったのではないかという疑念だ。当時のナチスドイツなら、スパイなどで情報の収集は容易だったと思われるが、聖火リレーという大義のもと、通過する都市の行政から正確な地図を受取り、詳細を聞くことが出来たのだ。その時得られた情報を活用したと考えられている。

 第二次世界大戦終結後、12年ぶりにロンドンでオリンピックが開催された。この時ベルリンで印象深かった聖火リレーも実施され、1951年に「オリンピック憲章」に聖火リレーが加えられ、オリンピックに不可欠なものとなった。

 1964年、前回の東京オリンピックの開会式で、国立競技場の聖火台に火をともしたのは、1945年8月6日に生まれた、当時19歳の早稲田大学陸上部の坂井義則さんだった。

 1945年8月6日は、広島への原爆投下の日だ。坂井さんは原爆投下の1時間半前に、震源地から70キロ以上離れた広島県三次市で誕生している。日本は坂井さんが聖火の最終ランナーとして、世界中に中継されることで、日本の戦後は終わり大きな成長を遂げたこと、そして二度と原爆を人類に対して使用してはいけない。というメッセージを発信した。オリンピックの開会式で最も象徴的なシーンに、最終ランナーに起用する人物のバックグラウンドからメッセージを発信した初めての事例となった。

 その後、オリンピックは平和の祭典から程遠くなって行く。東西冷戦の中、政治に翻弄されることが多くなっていくのだ。

 1968年のメキシコシティーオリンピックでは、黒人差別政策(アパルトヘイト)を行っていた南アフリカが参加するなら、オリンピックをボイコットするという国が55か国を超え、IOCは南アフリカの参加を認めないこととし、ボイコットは回避された。

1 2

江頭 満正

2008年より多摩大で教鞭をとり、スポーツマネジメントと、スポーツマンシップ教育を実施。2011年よりスポーツ国際支援団体「OASIS JAPAN」理事長に就任し、大学生と途上国における運動会を実施。現在は日本スポーツマンシップ協会理事、国立研究開発法人理化学研究所客員研究員。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集