[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山縣亮太が「10年に一度の風」を呼ぶまで 見放された男の挫折、愚直さ、そして9秒95

陸上の布勢スプリントが6日、鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が日本新記録9秒95で優勝した。ルール上限いっぱいの追い風2.0メートルで日本人4人目の9秒台。いつ出してもおかしくないと言われた28歳が「10年に一度の風」を手繰り寄せた道のりには、諦めずに続けた愚直な努力があった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

決勝でフィニッシュした瞬間の山縣亮太、電光掲示板に視線を送った【写真:奥井隆史】
決勝でフィニッシュした瞬間の山縣亮太、電光掲示板に視線を送った【写真:奥井隆史】

「なんか俺、続けられないかも……」、膝の故障でぶつかった冬場の挫折

 陸上の布勢スプリントが6日、鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が日本新記録9秒95で優勝した。ルール上限いっぱいの追い風2.0メートルで日本人4人目の9秒台。いつ出してもおかしくないと言われた28歳が「10年に一度の風」を手繰り寄せた道のりには、諦めずに続けた愚直な努力があった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 山縣が日本人の誰も感じたことのない領域を体感した。自慢のスタートからスムーズに加速。中盤までペースを乱さず、スピードを保ったまま隣のレーンで食い下がる多田を振り切った。

 速報値は9秒97。どよめきが起きた。自己ベスト10秒00を出したのは2017年9月と18年8月。長い間、0秒01を縮められなかった。「公認(記録)であってくれ……」。あとは風速。参考記録にならないことを祈った。とてつもなく長く感じさせた数十秒。会場全体が固唾をのんで静まり返った。

「9.95 +2.0」

 公認ギリギリの追い風2.0メートル。サニブラウン・ハキームを0秒02上回る日本新だ。コロナ禍で関係者、保護者のみの人数少ないスタンドが爆発的に沸いた。

「9秒台は長年の夢だった。97でも嬉しかったけど、まさか日本記録の95が公認で出たと思わなくて2倍嬉しいですね。最後に足が回転に追いつかない感覚。10秒00は最後に追いつく感じがあったけど、今日はフワフワした。このスピード感に体が慣れていないことだと思う。飛ぼうという意識はないけど、良い時は飛ぶんだなと思います」

 自慢のスタートを武器に、日本短距離界を盛り上げてきた28歳。9秒台はいつ出てもおかしくないと期待されたものの、近年は苦難の連続だった。

 2019年6月の日本選手権直前に肺気胸を発症し、出場を取りやめた。秋の世界陸上に出られず、同11月には右足首靱帯も負傷した。保存療法を選択し、回復したところで20年にも右膝蓋腱炎を抱えた。10月の日本選手権。桐生祥秀(日本生命)が優勝した一方、レーンに立つことすらできなかった。

 最もつらかった時間とは。「今年の冬ですね」。度重なる怪我の真っ最中ではなく、意外にも回復に向かった時だった。

「それまでの肉離れとかは治る感じがあったけど、膝は治っても同じ動きをしたらまたやってしまう。完治しないので、動きから変えないといけない。大改革が必要だった。ちょっと膝が痛い時に『なんか俺、続けられないかも……』という気持ちがあった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集