[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

センター(CTB)の役割とは ラグビー・ポジション解説

センター(CTB)とは、背番号12、13をつけている選手で、ポジショングループのひとつであるスリークオーターバックを、ウィング(WTB)とともに形成します。正式名称は「センター・スリークオーターバック(Center Three-quarter Back)」です。「ウィング(翼)」がフィールドの両端に位置するのに対し、センターは名前の通り、中央にポジションを取ります。

中村亮土選手【写真:Getty Images】
中村亮土選手【写真:Getty Images】

センター(CTB)とは

 センター(CTB)とは、背番号12、13をつけている選手で、ポジショングループのひとつであるスリークオーターバックを、ウィング(WTB)とともに形成します。正式名称は「センター・スリークオーターバック(Center Three-quarter Back)」です。「ウィング(翼)」がフィールドの両端に位置するのに対し、センターは名前の通り、中央にポジションを取ります。

センターの役割

 守備ではタックルで相手を食い止め、攻撃ではウィングへアシストすることが求められます。自ら突破することも多いため、バックスの中では最もフィジカルな役割を務める選手です。

 左の12番インサイドセンターと右の13番アウトサイドセンターでは役割が異なります。試合中スタンドオフ(SO)に近い位置でプレーするインサイドセンターは、第2の司令塔としてゲームをコントロールし、パスや突破、キックで攻撃を組み立てることが求められます。

 よりウィングに近い位置でプレーするアウトサイドセンターは、スピードを生かした突破が役割のひとつです。相手との激しいコンタクトプレーを恐れず、守備を切り崩すことが求められます。

センターの特徴

 スピードとパワーの両方が求められるポジションであるため、体格が良く、身体能力の高い選手が多く務めます。またタックルされながらパスを出す「オフロードパス」が得意なのも特徴のひとつです。

 インサイドセンターは、スタンドオフとともにゲームメイクも務めるため、フィジカルを活かした突破力だけでなく、パスやキック、的確な判断ができる比較的器用な選手が多いと言えます。

 アウトサイドセンターは、よりフィジカルなのが特徴で、筋骨隆々の選手が多いと言えます。攻撃で相手守備ラインを突破する時の他にも、守備でフルバックやウィングといった快足選手と対峙した時にタックルしなければいけないため、よりスピードを持った選手が多いのも特徴です。

日本代表のセンター

 2019年W杯の日本代表には、初出場のウィリアム・トゥポウ選手、中村亮土選手、ラファエレ・ティモシー選手が選出されました。

 ラファエレ選手はアウトサイドセンターとして全試合にフル出場。インサイドセンターは中村選手が全試合で先発を務めました。

 ラファエレ選手はサモア戦で軽やかなステップワークからトライを奪い、準々決勝の南アフリカ代表戦では華麗なノールックパスを披露。中村選手もロシア代表戦で見事なオフロードパスから松島幸太朗選手のトライをアシストしました。まさに“縁の下の力持ち”として8強進出に貢献しました。


世界のセンター

 2021年トップリーグ・サントリーに所属するオーストラリア代表のサム・ケレビ選手は、持ち前のフィジカルを活かした縦への推進力を2019年W杯でも発揮。自身のインスタグラムでは、100キロを超える巨漢ながら110センチ以上の垂直飛びを披露し反響が寄せられました。

 W杯では南アフリカ代表の一員として優勝に貢献したジェシー・クリエル選手は、トップリーグ・キヤノンでも活躍するセンター。「日本が大好きな理由の一つは、新鮮なお寿司です」とツイッターに日本語で投稿。日本での生活を満喫する様子を公開し、話題を呼びました。

 エディー・ジョーンズ監督率いるイングランド代表の主将として、W杯でチームを準優勝に導いたオーウェン・ファレル選手。スタンドオフも兼任し、コンバージョンキックもできる器用さがありながら、強烈なタックルで相手を止められるフィジカルの強さも兼ね備えています。準決勝のニュージーランド代表戦では、試合前の「ハカ」に“奇襲”を仕掛け、不敵にニヤリと笑う姿が世界各地のメディアで取りあげられました。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集