[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「あなたならできる」で子供は育つ 杉山愛の母が語る、トップアスリートの育て方

「あなたならできる」で子供は育つ 杉山愛の母が語る、トップアスリートの育て方

15年の長きに渡りテニスの四大大会に出場し続け、62大会連続出場というギネス記録を樹立した杉山愛さん。シングルス世界ランキング8位、ダブルスでは1位と38ものタイトルを獲得した彼女は、2009年に34歳で惜しまれつつ長く充実したキャリアに幕を引いた。その愛さんを支えたのが母親であり、コーチとしてツアーに帯同した杉山芙沙子さんだ。

「誰が育てたかではなく誰をどう育てたか」…コーチを務めた芙沙子さんが語る指導者論

 15年の長きに渡りテニスの四大大会に出場し続け、62大会連続出場というギネス記録を樹立した杉山愛さん。シングルス世界ランキング8位、ダブルスでは1位と38ものタイトルを獲得した彼女は、2009年に34歳で惜しまれつつ長く充実したキャリアに幕を引いた。その愛さんを支えたのが母親であり、コーチとしてツアーに帯同した杉山芙沙子さんだ。

 現在は「ジャパンアスリートペアレンツアカデミー(JAPA)」を創設し、自らテニスアカデミーを経営。インタビュー最終回となる第3回は、ジュニアアスリート育成に携わる親・指導者にアドバイスを送り、トップアスリートが子供時代にかけられてきた共通する言葉、指導する上で求められる指導側に求められる在り方など、自身の体験談を踏まえて語った。

――ジュニアのアスリート育成においては、親とコーチの意見が異なることもあると思います。選手の親であり、同時にコーチとしても活動される杉山さんは、親とコーチそれぞれに、どのようなアドバイスを与えますか?

「私がコーチと親の両方を経験したなかで、まず自分のアカデミーにいるコーチたちに言うのは、『私たちは選手を1日に2~3時間しか見られず、しかもたくさんの子供たちがいる中で、一人だけを見る訳にはいかない。なので、その子だけを見ている親を上手に活用しなさい』ということです。コーチの中には『親に指導的なことを言わせたくない』という人もいますが、たとえ親はテニスの技術を知らなくても、グリップの握りが3ミリずれていることには気が付きます。それは私自身が、(杉山)愛を親として見ていた時に知っていたからです。ですからコーチたちには『それを使わない手はないよ』と言っています。

 同時にご両親には、『スキルや身体の使い方は、専門に勉強している人たちがよく知っている。それを使わない手はありませんよ』と伝えています。親の主観的な意見だけでなく、その道のプロや指導者に意見を求め取り入れたら、上手くいくはずですから。そのうえで親とコーチの両方に伝えるのは、『大切なのは、その選手を誰が育てたかではなく、誰をどう育てるかだ』ということです。自分が有名になろうなどとは考えず、子供たちがその時々で、誰の力を必要としているかを客観的に見極められる親・指導者でなくてはダメだということは言うようにしています」

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー