[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川佳純、半年ぶり実戦へ高揚感 VS男子も実現の夢舞台へ「自分の成長を感じたい」

新型コロナウイルス禍で大会の延期や中止が相次いでいた卓球界に熱気が戻ってくる。国内のトップ選手たちが一堂に会するTリーグ「2020 JAPANオールスタードリームマッチ」が14日に開催され、リモートマッチ(無観客)ながらスター選手たちが熱戦を繰り広げる。

東京五輪女子代表の石川佳純【写真:Getty Images】
東京五輪女子代表の石川佳純【写真:Getty Images】

ドリームマッチは14日に開催、男女のオールスターが集結

 新型コロナウイルス禍で大会の延期や中止が相次いでいた卓球界に熱気が戻ってくる。国内のトップ選手たちが一堂に会するTリーグ「2020 JAPANオールスタードリームマッチ」が14日に開催され、リモートマッチ(無観客)ながらスター選手たちが熱戦を繰り広げる。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 日本代表選抜とTリーグ代表選抜がシングルス1ゲームマッチで火花を散らし、また日本代表男子と日本代表女子との対戦が実現。変則ルールの団体戦も行われるなど、ファン垂涎の試合が目白押しだ。

 オールスターが集結する夢の祭典へ出場する東京五輪女子代表の石川佳純(全農)は半年ぶりの実戦へ向けて意気込みを語った。

 ◇ ◇ ◇

 卓球界のトップ選手たちが表舞台に帰ってくる。ファンは胸を高鳴らせているが、それは選手にとっても同じだ。3月以来の試合となる石川はワクワクを隠さない。

「やっぱり嬉しいですね。なかなか試合が始められない状況が続いていたので凄く嬉しいですね」

 長きに渡って卓球界をけん引してきた石川だが、これだけの期間、試合から遠ざかるのは初めての経験。「こんなに試合がない時期は長いのは初めてです。その間いつ始まるかわからないという緊張感は凄くあったので練習は凄く充実しましたし、今までは試合がずっと続いていたので、たくさん時間を使って色々な練習ができたかなと思います」と半年間を振り返った。

 男子との変則マッチなども行われる一夜限りのドリームマッチ。石川自身も楽しみにしながら、見どころをPRする。

「男子と女子が対戦したりとか1ゲームマッチだったりとか、なかなか公式戦ではない試合方式でこうさらにドキドキも凄くある大会だと思うので、見て頂く方には楽しんでもらえたらなと思います」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集