[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

総勢29人が加入 今、現役プロ野球選手が学びたがる“野球指導サロン”がウケた理由

今、野球界で話題を呼んでいるオンラインサロンがある。「NEOREBASE(ネオリベース)」。ピッチング、バッティングを中心に野球パフォーマンス向上を目的とした“野球研究所”は、今年1月に開設されると、徐々に評判が広がり、小学生年代からプロ野球選手まで200人以上が加入。そのうち、現役プロ野球選手は29人、メンバーもカブス・ダルビッシュ有投手、ソフトバンク・千賀滉大投手、楽天・則本昂大投手ら、一流選手がズラリと揃う。そんなサロンを運営するメンバーは4人だ。

現役プロ野球選手が29人も「NEOREBASE」に加入する理由とは【写真提供:NEOREBASE】
現役プロ野球選手が29人も「NEOREBASE」に加入する理由とは【写真提供:NEOREBASE】

ダル、千賀、則本ら参加で話題…オンラインサロン「NEOREBASE」の4人が対談第1回

 今、野球界で話題を呼んでいるオンラインサロンがある。「NEOREBASE(ネオリベース)」。ピッチング、バッティングを中心に野球パフォーマンス向上を目的とした“野球研究所”は、今年1月に開設されると、徐々に評判が広がり、小学生年代からプロ野球選手まで200人以上が加入。そのうち、現役プロ野球選手は29人、メンバーもカブス・ダルビッシュ有投手、ソフトバンク・千賀滉大投手、楽天・則本昂大投手ら、一流選手がズラリと揃う。そんなサロンを運営するメンバーは4人だ。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 早実、早大などを経て米独立リーグでプレーし、最速150キロを投げる「ピッチング・ストラテジスト(投球戦略家)」として活動する26歳の内田聖人さん。トレーナー出身で約20人のプロ野球選手に投球・打撃フォームの指導を手掛けている29歳の池田則仁さん。同じくトレーナー出身で自己最速152キロを誇り、専門的なトレーニングを研究している28歳の小山田拓夢さん。データ・映像解析を中心にツイッター上で情報発信し、著書もヒットしている野球評論家・お股ニキさんだ。

 月額4000円(大学生以下は2000円)で誰でも参加できるサロン上で、4人は定期的に情報を発信。「ピッチングの回転効率を上げる練習方法」「これさえできればイップスにはならない」「1か月で私の最速を146キロから152キロまで伸ばした種目5選」など、それぞれの視点から興味深いテーマでパフォーマンス向上にまつわる知見を共有している。しかし、トップレベルにいる現役プロ野球選手が、4人の教えを学びたがるのか。「THE ANSWER」はその秘密を探るべく、4人のオンライン対談を実施した。

 全3回の第1回は「NEOREBASE」を運営するメンバーの経歴を紹介し、競技レベルもそれぞれ異なる4人の強みを互いに分析。野球パフォーマンス向上にまつわる持論を明かし、現在、多くの現役プロ野球選手を惹きつける要因についても語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

――まず、それぞれの経歴と「NEOREBASE」でどんなジャンルの情報発信をしているのか、聞かせてください。

内田「自分は早実から早大に進み、高校で甲子園、大学で日本一を経験することができました。小山田さんは大学の2年先輩です。卒業後は社会人野球のJX-ENEOSでプレーしましたが、大学3年で右肘を怪我した影響があってイップスになったりして、2年で勇退になりました。ただ、その直前からピッチングが戻っている感覚があり、社業をしながら個人で1年間練習を続けました。その時に指導してくれたのが池田さんです。昨年、米国でトライアウトを受け、2Aクラスにあたるキャナムリーグという独立リーグのニュージャージー・ジャッカルズと契約しました。1か月で退団となり、昨年限りでプレーヤーとしては区切りをつけました。

 指導を始めたのは今年からです。小山田さんは自ら実践しているトレーニングの知識が深く、池田さんは指導してもらったおかげで自分自身が復活できた。2人のノウハウをしまっておくのはもったいないと思い、サロンに誘いました。お股ニキさんとはツイッターで知り合い、野球の知識が素晴らしいので加わってもらいました。自分は社会人で球速が130キロまで落ちたところから、いろいろなアプローチで良くなった経験があります。今も最速150キロの球速を更新できるように取り組んでいるので、サロン上では自分を実験台にしながら、皆さんをサポートしています。ラプソードなどの測定機器も持っているので、指導に活用しています」

池田「自分は水戸商で捕手をしていましたが、野球をやっていたのは高1まで。腰のヘルニアの影響もあって辞めました。卒業後は米国の大学に2年間通った後に日本の大学に入学し直しました。将来は教員になろうと思って、野球の指導者も魅力的だったので『ティップネス丸の内スタイル』というジムで勉強しながら、トレーナーを始めました。ファンクショナルトレーニング(機能的に体を動かすためのトレーニング)がメインのジムでしたが、解剖学、運動学など、いろんな分野を学ばせてもらう中で、その知識をフルに生かせば、自分が感じていた野球の指導にまつわる疑問が解決するんじゃないかと思って、独学で研究を始めました。

 そんなことをしていると、弟の中学の野球部から声がかかり、自分の知識を教えるようになったことが、野球界で指導をするようになった最初のきっかけです。もともとは1回戦で負けるようなチームでしたが、県大会で優勝することができ、その経験もあって本格的に野球を指導できる環境を作りたいと思うようになり、内田と出会いました。以降はいろいろな広がりがあって、今は20人ほどプロ野球選手も教えています。サロン上では、ピッチングとバッティングのフォーム指導がメインです。もともとトレーナーだったので、専門的な筋力トレーニングは小山田に任せて、フォーム作りにつながるトレーニングを中心に発信しています」

小山田「自分は古河三という茨城の無名高出身で、早大で内田と出会いました。最速は152キロを出し、卒業後は北海道のクラブチームでプレーしましたが、肘を痛めてトミー・ジョン手術を受けました。独立リーグの武蔵ヒートベアーズでプレーした後は、もう一度しっかりと投げられるようになりたいと思い、ジムで働きながら、肩、肘を含めたトレーナー関連の勉強を2年間していました。それで、おととしに内田から同い年の池田を紹介され、面白い理論を持っているなと感じました。

 池田の知識を借りながら、自分でリハビリをしていくと、球速も148キロまで投げられるようになり、やってきたことが間違いじゃないと少しは証明できたと思いました。そんなタイミングで内田がオンラインサロンの誘いをくれて、自分が貯めてきたものを出していこうと決めました。発信はストレングスという筋力向上のトレーニングとコンディショニング。あと、怪我をしないためにどうすべきかの方法と考え方。自分は怪我で痛い思いをしたので、そうならないための発信をしています」

お股ニキ「自分は中学で野球を辞めていて、それ以降はたまに草野球をやるくらい。身体能力自体は一般人でも低い方です。ただ、野球はずっと見てきました。2010年頃から一般人としてツイッターを始め、野球のことを語っていたら、ダルビッシュ投手が興味を持ってくれて、ちょっと名前が知られるようになり、『本を出しませんか』などとお話を頂くようになってきました。周りからはデータばかり見ていると思われがちですが、そうではなく、サロン上では野球の根本的な考えにまつわる発信が多いです。どういうプレーが効果的かとか、変化球はどういうボールが打たれにくいかとか。そのあたりは数字である程度分かりますし、実際にどういう回転を与えれば、そういうボールが生まれるかは徐々に分かってきているので、そういう発信が多いですね」

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集