[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高体連の環境に疑問 淡路島で実現した「3年間同じ部活」に縛られない理想の育成

昨年の選手権予選前に訪れた窮地

 窮地はそれだけではなかった。「エリート人材育成淡路島学習センター」は、当初神村学園のサポート校として登録し、兵庫県の高体連の大会にも出場してきた。ところが昨年の選手権予選が始まる直前に突然、兵庫県高体連から「サポート校では全国大会への登録はできません。こちらの確認不足でした」との連絡を受けた。さすがに同高体連も不手際の責任を感じ在校生の出場は認めたが、そのままの体制では新入生たちの道が断たれてしまう。

 上船は即座に兵庫県内の学校へ片っ端から連絡を入れ、新しい受け入れ先を探った。相生学院も最初は校長に断られたが、それでも「ぜひ理事長に会わせてください」と粘りに粘った。結局翌日には森和明理事長が淡路島の施設を視察に訪れ、上船と顔を合わせるなり「キミの目を見れば、いかに本気なのかは分かる」とプロジェクトの受け入れに合意。早速サッカー部全員が転校手続きを済ませる。

 潮目は変わり、ようやくプロジェクトは好転し始めた。(文中敬称略)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集