[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【ハンドボール】盤石の氷見、春夏2冠王手 今大会1度もタイムアウトなし「こちらで切る必要がない」

絶対的な本命という前評判通り、決勝に駒を進めた氷見【写真:山田智子】
絶対的な本命という前評判通り、決勝に駒を進めた氷見【写真:山田智子】

藤代紫水と決勝で激突「うちはのびのびやるスタイルなので、今夜も楽しく過ごしたい」

「うちは個の力が強いので、速く点を取りにいこうとする(傾向にある)。でもシュートまでが早い時はリズムが悪いとき。僕はよく『パス3本で点が取れちゃう』と表現するんですが、でもそうすると入らなかった時に戻れない。昨日のミーティングでも『時間を使った方が戻れると』としつこくしつこく話した。今日は点差を縮められても慌てず、急いで点を取りに行かず、リズムが崩れなかった。大したもんだと思った」と高校生らしからぬ冷静さを絶賛する。

 氷見は今大会一度もタイムアウトを取っていない。コートに立つ選手への絶大なる信頼の証だ。

「こちらで(悪い流れを)切ってやる必要がないんですよ。コートの中に監督(安平)がいるから(笑)。今大会は4試合すべてそうですが、劣勢になってもリズムを崩さずにできている。それは彼らの経験値の高さ。今年のチームは全てにおいて手堅い」

 また、コート外にもチームを支える環境が整っていることも大きな力になっている。

「栄養士さんがずっと帯同していただいて、補食なども完璧。フィジカルのトレーナーもストレッチ指導をしてくださってる。マッサージをしてくれるメディカルスタッフもいるし、昨日酸素カプセルも届きました。スタッフも7人いて、プロみたいですね。
氷見市はハンドボールのまちなので、僕らのチームを愛してくれることを力に変えられる体制(があること)を結果に繋げたい」(徳前監督)

 明日(1日)の決勝の相手は、センバツ準優勝の駿台甲府(山梨)を33-23で下した藤代紫水(茨城)に決まった。

「明日はやってきたことをやるだけです。うちはのびのびやるスタイルなので、今夜も楽しく過ごしたい。今日も明日もOBがたくさん来てくれるので、喜んでもらいたい。何とか負けずに終わりたいですね」と徳前監督はあくまでリラックスモードを強調したが、その眼差しには決意をみなぎらせていた。

 春夏2冠へ。ハンドボールのまち・氷見は総力戦で、頂点を取りにいく。

◇インターハイのハンドボールは7月27日より6日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集