[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【ハンドボール】春の女王・大分、逆転で初戦突破 「視野外」から隙つく試合巧者ぶり発揮

両サイドからの攻撃で加点する試合巧者ぶりを発揮した【写真:山田智子】
両サイドからの攻撃で加点する試合巧者ぶりを発揮した【写真:山田智子】

発揮した試合巧者ぶり「相手が逆を見ている隙に入っていこうと」

 後半も1点が重い、ヒリヒリするような攻防が続く。飛騨高山は、「流れをとめよう」(近藤哲也監督)と6-0から4-2にディフェンスを変更し、一時は12-11と1点差まで迫る。しかし、その直後に2分間退場者を出すと、「後半の退場したところが大きかった」と近藤監督が悔やんだように、7メートルスローから3連続で決められ、流れが大分に傾いていく。

「(DFの)視野外から入って、相手が逆を見ている隙に入っていこうと考えて攻めた」と話す高橋唯が高い位置を取る45DFの裏を突いて豪快なジャンプシュートを決めるなど徐々に相手の守備を攻略。

 司令塔・清水愛果(2年)のゲームメークも光り、残り10分、5点をリードした大分はボールを保持して時計の針を進めながら、隙あらばカットイン、両サイドからの攻撃で加点する試合巧者ぶりを発揮。22-16で春の覇者がロースコアゲームを制した。

 大分の瀧元監督は「連続失点したところもあるんですけど、我慢できたところが良かった」とホッとした表情で語り、6得点の活躍を見せた高橋唯は「次戦は先制点をとって、自分たちから流れを作って行きたいです」と春夏連覇に向け決意を新たにした。

◇インターハイのハンドボールは7月27日より6日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集