[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

残り5秒で劇的な逆転3ポイント 福岡第一エース、優勝が懸かるプレーを後輩に託した理由

残り5秒で天国と地獄がひっくり返った。全国高校総体(インターハイ)バスケットボールは1日に高松市総合体育館で男女の決勝戦を行い、男子は福岡第一(福岡)が77-76で開志国際(新潟)を破り、3年ぶり4回目の優勝を飾った。

日本一になった福岡第一、エースの轟琉維(前列右から3人目)が崎濱秀斗(前列左端)を信頼して劇的な一撃が生まれた【写真:平野貴也】
日本一になった福岡第一、エースの轟琉維(前列右から3人目)が崎濱秀斗(前列左端)を信頼して劇的な一撃が生まれた【写真:平野貴也】

全国高校総体バスケットボール男子、福岡第一が劇的勝利で3年ぶり4回目の日本一

 残り5秒で天国と地獄がひっくり返った。全国高校総体(インターハイ)バスケットボールは1日に高松市総合体育館で男女の決勝戦を行い、男子は福岡第一(福岡)が77-76で開志国際(新潟)を破り、3年ぶり4回目の優勝を飾った。

 勝敗がひっくり返ったのは、残り20秒を切ってからだった。2点リードでマイボールのリスタートとなった開志国際の逃げ切りが濃厚と思われたが、福岡第一は伝統のハイプレスで状況を一変させた。コートにボールが入った瞬間、ダブルチームでプレッシャーをかける。ボールを持ったのは、この試合で強心臓ぶりを存分に見せつけていた開志国際のガード平良宗龍(1年)。しかし「ダブルチームに来られて、気持ち的に焦ってしまって、自分の不甲斐なさが出た」とこの場面を振り返った。

 福岡第一のオールコートプレスは、チームの代名詞。3分で10点負けている状況などを想定した練習で鍛えているという。この試合でも仕掛けていたが、開志国際は技術とスピードのあるガード陣を、留学生のビッグマンが近い距離で助けて、このプレスを回避し続けていた。しかし、終盤はサイズのある2人が5ファウルで交代。平良のヘルプが手薄になっていた。

 このわずかなチャンスに飛び込んだのが、福岡第一の主将を務める城戸賢心(3年)だった。「相手のガード陣は下級生。そこには絶対に負けるなと(井手口)先生に言われていた。最後までプレッシャーをかけ続けていた結果。やっと当たったと思った」と話した城戸は、焦った平良のパスを右手でカット。福岡第一はルーズボールを崎濱秀斗(2年)が拾い、ポイントガードでエースの轟琉維(3年)にボールを預けて右サイドに開いた。

 試合終盤、福岡第一の攻撃は轟のシュート力頼みだった。間違いなく、轟が自分で勝負を仕掛けてくる。誰もがそう思った。ドリブルでシュートコースを作りに行く轟に、開志国際がダブルチームに行った瞬間、轟は右ウイングの位置でマークがいなくなった崎濱にパス。ノーマークとなった崎濱が放った3ポイントシュートが決まり、福岡第一が逆転。崎濱は大きく喜ぶことなく轟の元に寄り、力強いタッチをかわした。残りわずか5秒。タイムアウトの後、開志国際の攻撃を防いでタイムアップを迎えるという、劇的な勝利だった。

「最後は轟の判断。(崎濱も)よく決めましたね。誰かがドライブで切って決めるだろうという感じだった。僕にも予想外の3ポイントでした。だから相手は全然、予測していなかったと思います」と、井手口孝ヘッドコーチも驚いた勝負の選択だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集