[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バド男子団体&複で2冠 ふたば未来学園・武井凛生「パリ五輪は、頭の中にはある」

荻原は「銅メダルのミックスダブルスに感動」

 2人は、10日まで行われていた団体戦でも、ふたば未来学園高の4年ぶり4度目の日本一に貢献。高校生活の締めくくりとなる大舞台を団体と男子ダブルスの2冠で締めくくった。ふたば未来学園のバドミントン部は、東京五輪の混合ダブルスで銅メダルを獲得した渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)や、男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)が在籍した富岡中・高のバドミントン部が移管した形のチームで、今も専用体育館や試合会場に「富岡魂」の横断幕を掲げている。

 荻原は「銅メダルを取ったミックスダブルスの試合をみんなで見て、感動しました。技術は真似できないですけど、コート上での立ち居振る舞い、元気にやっているところは、自分もインターハイで、ああいうプレーができたらと思っていました」と刺激を受けていた。

 日本代表がメダル量産を期待されながら、渡辺/東野のほかにメダル獲得者が出なかったことは、ファンにとっては残念だった。そして、後進の選手たちにとっては、悔しいものでもあった。

 武井は「スピードもショットの精度もまだまだ足りない。競技面も生活面も、すべてを何段階もアップしたいです。ただ、五輪、次は自分がと思いました。自分の頭には、入れています。(24年の)パリ、(28年の)ロサンゼルスと早いうちに2大会出られればいいと思うので、パリをしっかりと目指してやっていけたらいいと思います」と五輪出場を目指すことを宣言。次世代の突き上げを見せる気概を示した。来春からは、強豪実業団に進む見込み。次はオレが! 東京五輪を見た多くの若者が、次の時代を突っ走る。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集