[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今秋の米留学へ2G 夢切り拓く白星、神戸弘陵・沖吉の壮大な挑戦「笑顔を世界中に」

第98回全国高校サッカー選手権は2日、2回戦が首都圏8会場で行われた。ニッパツ三ツ沢スタジアムでは神戸弘陵(兵庫)と明秀日立(茨木)が対戦。MF沖吉大夢(たいむ・3年)が2得点をマークし、神戸弘陵が3-2で勝利した。3日に行われる3回戦(等々力陸上競技場)では帝京長岡(新潟)と対戦する。

チーム3点目をPKで決めた神戸弘陵学園・沖吉大夢【写真:宮内宏哉】
チーム3点目をPKで決めた神戸弘陵学園・沖吉大夢【写真:宮内宏哉】

海外が幼少期からの夢、9月に米国留学へ

 第98回全国高校サッカー選手権は2日、2回戦が首都圏8会場で行われた。ニッパツ三ツ沢スタジアムでは神戸弘陵(兵庫)と明秀日立(茨木)が対戦。MF沖吉大夢(たいむ・3年)が2得点をマークし、神戸弘陵が3-2で勝利した。3日に行われる3回戦(等々力陸上競技場)では帝京長岡(新潟)と対戦する。

 緊張とは無縁だ。沖吉は前半14分、ペナルティエリア外から左足を振り抜き、先制点を叩き込むと、2-1と1点差に迫られた後半33分にはPKをゴールど真ん中に決めた。PKは、笛が鳴ってからシュートまで約7秒の間を空けたが「注目してほしいなと思って(笑)。(観客が)静かにしてくれるかなと思ったけど、あまり静かにならなかった」と茶目っ気たっぷりに笑った。高校最後の大舞台にも「いっぱい入られたほうがワクワクする。めっちゃ見てくれてうれしいなとか、いいプレーしたら沸かせられるのかなとか、ワクワク系が強い」と強心臓ぶりをうかがわせた。

 今秋から米国の大学に留学し、サッカーを続ける。米国の大学サッカー部に対し、選手の情報を提供する企業がある。そこに今大会のプレー映像を含めた動画を編集してもらい、より良いオファーのあった大学へ進学するのだという。3月までは神戸弘陵でサッカーの技術と英語の実力を鍛え、その後はインドネシア・バリ島で3か月間の語学留学を経て、9月に米国の大学に進む予定だ。

 幼少期から海の向こうを見つめていた。初めて海外を経験したのは小学校入学前。オーストラリアに在住していた家族の知人を訪れた。「オーストラリアの空港を出た時、なぜかめっちゃ海外のほうが合ってるんやないかなと。フィーリング的なものであまり言葉では説明できないんですけど、その感じがすごくて。『この国好きやな』という感覚をめっちゃ覚えてる」。バーベキューや海水浴など、すべてが新鮮だった。日本に戻るときには泣き叫んだ。以来、海外への興味は歳を増すことに沸き上がってきた。

「本当はオーストラリアに行きたいと思っていた」という沖吉。米国を目指す理由について、こう答えた。「アメリカは、奨学金や補助もサッカーの実力次第で結構動く。しかも欧州、アジア、アフリカといろんな国(の選手)を集めたチーム。英語はもちろん、いろんな文化も学べるので、そこが大きい決め手」。2学年上の先輩が今回と同じ制度で米国に行っていたため、2年生の時に制度と仲介する企業を紹介してもらい、3年生の春には米国行きを決めた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集