[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 岐阜女子が女王・桜花学園に勝てた理由 「バスケの神様」を振り向かせた“想定力”

岐阜女子が女王・桜花学園に勝てた理由 「バスケの神様」を振り向かせた“想定力”

全国高校総体(インターハイ)は2日、女子バスケットボール決勝で岐阜女子(岐阜)が5連覇中の女王・桜花学園(愛知)を61-55で下し、悲願の初優勝を飾った。3年連続で同一カードのファイナルとなったが、ついに“3度目の正直”を成就。絶対女王を破った裏には「イメージ・バスケ」があった。

2年連続決勝敗退…5連覇中の桜花学園に“3度目の正直”、監督「バスケの神様見てた」

 全国高校総体(インターハイ)は2日、女子バスケットボール決勝で岐阜女子(岐阜)が5連覇中の女王・桜花学園(愛知)を61-55で下し、悲願の初優勝を飾った。3年連続で同一カードのファイナルとなったが、ついに“3度目の正直”を成就。絶対女王を破った裏には「イメージ・バスケ」があった。

 待ちに待った瞬間がやってきた。電光掲示板の残り時間が「0」を示すと、岐阜女子は控え選手もコートになだれ込んだ。号泣と笑顔。それぞれが日本一の歓喜に酔いしれた。

 場内インタビューに立った安江満夫監督は「桜花さんという偉大なチームに追いつき、追い越すのは普通のことではできない。偉大なチームに勝つ、そういう目標に選手たちが諦めず、毎日、毎日頑張ってくれた」と声を詰まらせながら、教え子をたたえた。

 前半から身長190センチのセンター、バイ・クンバ・ディヤサン(3年)がゴール下を支配。攻守でリバウンドを決め、優位に展開して26-19で前半を終了。後半は第3ピリオド残り4分で一時同点に。46-40で突入した最終ピリオドに突入も残り7分で再び同点とされたが、残り3分でディヤサンがオフェンスリバウンドからシュートを決めるなど、大黒柱が土壇場で力を発揮して振り切った。

 一昨年、昨年は決勝で桜花学園に2年連続で敗退。常に立ちはだかってきた絶対女王を破ったのは「イメージ・バスケ」だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー