[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「誰も勝てない、誰も止められない」―  ボルトが“ラストラン”での勝利予告

陸上の世界選手権が4日にロンドンで開幕する。100メートルの世界記録「9.58秒」をはじめ、数々の金字塔を打ち立ててきたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は今大会を最後に現役引退を表明しているが、“人類最速男”は公開記者会見で観衆に「誰も俺を負かすことはできない」と勝利予告したという。国際陸上競技連盟(IAAF)が報じている。

世界陸上の記者会見で、観衆に向かって「誰も俺を負かすことはできない」と発言

 陸上の世界選手権が4日にロンドンで開幕する。100メートルの世界記録「9.58秒」をはじめ、数々の金字塔を打ち立ててきたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は今大会を最後に現役引退を表明しているが、“人類最速男”は公開記者会見で観衆に「誰も俺を負かすことはできない」と勝利予告したという。国際陸上競技連盟(IAAF)が報じている。

 ボルトのラストランの時が迫ってきた。

 8月1日に世界陸上の公開記者会見に出席し、ボルト目当てで集まった観衆に向かって「誰も俺を負かすことはできない」と宣言。IAAFも「ロンドンでの最後の戦いのときが来た」と見出しを立て、スプリント界が誇るスターにスポットライトを当てている。

 ボルトは6月、母国ジャマイカでの最後の大会となった「レーサーズGP」の100メートルで10秒03、続く「ゴールデンスパイク」(チェコ)は10秒06で優勝。7月のダイヤモンドリーグ第11戦モナコ大会では、今季自身初の9秒台となる9秒95で制覇した。徐々に調子を上げていることに手応えを感じている様子で、会見ではメディアにレース結果の記事を大胆予想するシーンもあったという。

「レース内容を今は誰も知る由がないが、俺はこういう見出しを予想しよう。『誰も勝てない、誰も止められない』–。諸君、これを書き留めておいてくれ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集