[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

青森山田、「選手権決勝」再戦を制す 敗れた流経大柏「気持ちは入っていたけど…」

開幕戦を制した青森山田イレブン【写真:平野貴也】
開幕戦を制した青森山田イレブン【写真:平野貴也】

敗れた流経大柏MF八木は悔しげ「絶対に倒さなければいけない相手」

 勝った青森山田のメンバーで選手権の決勝を経験しているのは、武田と途中出場の藤原優大(2年)の2人だけ。武田は、前半にクロスバー直撃の直接FKを放つなど見せ場を作って勝利に貢献。「自分としては、開幕戦を勝つことだけ意識していた。相手の方が選手権に出場していた選手は多く残っているので、経験値は向こうの方が上だと思っていたし、その部分は、今年、自分が伝えていきたい」とプレー以外の面でもチームをけん引する意気込みを示した。先制点を決めた後藤が「全国3冠(インターハイ、プレミアリーグ、選手権)を目指して、目の前の一戦を勝つ準備をしていきたい」と話した通り、一戦一戦を乗り越えて昨年度にひけを取らない勝利の積み重ねを目指す。

 一方、敗れた流経大柏は、選手権でも活躍したMF八木やMF藤井海和(2年)が中心となって戦ったが、ミスからの2失点で開幕戦を落とした。八木は「日本一になるということは、常に意識している。その中で、青森山田は絶対に倒さなければいけない相手。開幕戦で倒せればと気持ちは入っていたけど、結果につながらなかった」と悔しそうに話した。

 どのチームも新たな世代、新たなチームで再出発をしたばかり。特に高校チームは、再び選手権の優勝を目指した長い戦いとなる。青森山田高のMF武田が「昨日、尚志高のFW染野唯月(3年)が点を決めているので(自分は決められず)悔しい」と話したように、他校も刺激の材料となる。選手権決勝の再戦も、新たな船出の一つに過ぎない。今季は、どのチームが高校サッカーファンを魅了するのか、注目だ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集