[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

インハイ戦えなかったOGの思い胸に 8-0快勝のホッケー岐阜各務野、リベンジの丹生戦へ

全国高校総体(インターハイ)ホッケー競技女子は16日に2回戦が行われた。初戦となった選抜大会優勝の岐阜各務野(岐阜)が8-0で田辺(和歌山)に快勝し、好スタートを切った。

ホッケー女子2回戦、岐阜各務野が8-0で田辺に快勝し、好スタートを切った【写真:山田智子】
ホッケー女子2回戦、岐阜各務野が8-0で田辺に快勝し、好スタートを切った【写真:山田智子】

全国高校総体・ホッケー女子、選抜Vの岐阜各務野が8-0で初戦突破

 全国高校総体(インターハイ)ホッケー競技女子は16日に2回戦が行われた。初戦となった選抜大会優勝の岐阜各務野(岐阜)が8-0で田辺(和歌山)に快勝し、好スタートを切った。

「やっと試合ができる。早く試合がしたい」

 雨の影響により一日遅れで迎えた開幕。岐阜各務野イレブンは試合ができる喜びをコートで爆発させた。

 引き気味に守る田辺に対し、岐阜各務野は容赦なく猛攻を仕掛ける。第1クオーター(Q)3分、エース・佐々木里紗がゴール前の混戦から押し込んで早々と先制点を奪う。その3分後には、試合前の練習で入念に調整していたペナルティコーナー(PC)から2年生の平光杏衣がヒットシュートを決めてリードを広げる。11分には再び平光が、13分にはDF山藏百音のロングパスを受けた佐々木がドリブルで持ち込み、サークルトップから豪快なシュートを決めて、4-0とリードを広げた。

 その後は、岐阜各務野のスピードに慣れた田辺に粘り強く守られ、ややこう着状態になるも、第2Q26分にPCから平光が加点。守備でも、前からプレスをかけてすぐにボールを奪い返し、ほとんど田辺にチャンスを作らせることなく、5-0で前半を折り返す。

 キャプテンの山藏は「相手が引いていたので、その中でどうやって打開していくかを探りながら、ずっと同じようにやるだけじゃなくて、明日につなげるために色々な攻め方を考えて、試すことができた」と振り返る。

 収穫に挙げたのは、インターハイ前から毎日練習してきたPC。「ヒッターが2年生(平光)なので緊張感もあると思うんですけど、しっかりと本番で決め切れたことが大きい。明日も(攻撃が)詰まったら、コーナーを取って、それで点数を取れるようにしたい」。PCから2得点を挙げたことに手応え十分だ。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集