[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大津が“プレミアリーグ対決”に完勝 東京五輪代表に刺激のボランチが躍動「夢、見ましたね」

注目の東西強豪対決は、西の大津が完勝を収めた。全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は16日に2回戦を行い、大津(熊本)は3-0で流経大柏(千葉)を破って3回戦進出を決めた。

ダメ押しの3点目を決め、喜ぶ薬師田澪(3年)【写真:平野貴也】
ダメ押しの3点目を決め、喜ぶ薬師田澪(3年)【写真:平野貴也】

高校総体サッカー男子、流経大柏破り3回戦へ

 注目の東西強豪対決は、西の大津が完勝を収めた。全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は16日に2回戦を行い、大津(熊本)は3-0で流経大柏(千葉)を破って3回戦進出を決めた。

 両チームは、年間リーグで最高峰のプレミアリーグに所属している。大津は西のプレミアリーグWESTで3位、流経大柏は東のプレミアリーグEASTで4位と上位を争っている実力校。2回戦では屈指の好カードとなった。

 試合は、いきなり動いた。

 前半1分、大津は敵陣でFKを得ると、身長191センチの長身FW小林俊瑛(2年)を狙ってパス。これは合わなかったが、DF川副泰樹(3年)がゴール前へ折り返したボールが相手に当たってゴール。早々に先制に成功した。その後も、大津は、小林をターゲットにしたハイボールで押し込む狙い。流経大柏は、前線からボールを奪いに行く得意のハイプレス戦術が機能せず、ショートパスで押し戻そうとするところで、逆に相手のプレッシャーを受けて苦しんだ。

 決して一方的に押されているわけではなく、攻め込める時間もあったが、シュートシーンに持ち込めなかった。大津の主将を務めるMF森田大智(3年)は「早い時間の先制点が大きかった。リスクを冒さず(ロングパスで)相手の守備を(前向きから後ろ向きに)ひっくり返すということは全員で話していましたし、クリアは大きくするということは意識していました」とチーム全体で狙いを統一して臨んでいたことを明かした。

 大津はロングパスからの二次攻撃や、押し返そうとする相手を中盤で捕まえてからの攻撃で再び押し込んだ。森田はドリブルキープで相手のプレスを外して、チームに選択肢を与える働きを果たした。そして前半32分、右サイドで推進力を発揮していたDF日高華杜(3年)からMF薬師田澪(3年)を経由してパスを受けた攻撃的MF一村聖連(3年)がドリブルから右足で豪快にシュートをたたき込んで追加点を獲得した。

 後半に入ると、守備重視で試合を進める大津に対し、流経大柏が攻め込む時間が増えた。後半19分にFKを途中出場のFW石川裕雅(3年)が頭で合わせた場面は惜しかった。ただし、決定機はこの場面のみ。後半24分、大津は左サイドで得たFKを左DF岩本昌大郎(3年)が蹴り、ボランチの薬師田が得意のヘディングで合わせてダメ押しの3点目を奪い、勝利を決定づけた。薬師田は「夢、見ましたね。決めた瞬間。あれ、決めた? みたいな。嬉しさでいっぱいで、みんなが駆けつけてくれて、良かったです」と喜んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集