[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本代表デビューの先輩から「刺激」 流経大柏が4発快勝、主将は意欲「3冠取りたい」

高校年代の最高峰である高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグが開幕し、4日に行われたEAST第1節に臨んだ流通経済大学付属柏高校は、4-0で大宮アルディージャU18を破った。流経大柏は、OBの小川諒也(FC東京)が3月の国際親善試合で日本代表デビューを果たし、ワールドカップのアジア二次予選モンゴル戦にも出場。小川の在籍時、ヘッドコーチとして指導に携わっていた榎本雅大監督は「今日の試合は、出来過ぎ。立ち上がりの良さがすべて。受けに回ったら危険かなと思っていたけど、自信を持ってやってくれた。小川の代表デビューは本当に嬉しかったし、刺激になる」と話し、OB選手の活躍を次世代の育成につなげていく構えを示した。

先制ゴールを決めた渋谷主将(中央)【写真:平野貴也】
先制ゴールを決めた渋谷主将(中央)【写真:平野貴也】

高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグが開幕、流経大柏は大宮U18に4-0で快勝

 高校年代の最高峰である高円宮杯JFAU-18サッカープレミアリーグが開幕し、4日に行われたEAST第1節に臨んだ流通経済大学付属柏高校は、4-0で大宮アルディージャU18を破った。流経大柏は、OBの小川諒也(FC東京)が3月の国際親善試合で日本代表デビューを果たし、ワールドカップのアジア二次予選モンゴル戦にも出場。小川の在籍時、ヘッドコーチとして指導に携わっていた榎本雅大監督は「今日の試合は、出来過ぎ。立ち上がりの良さがすべて。受けに回ったら危険かなと思っていたけど、自信を持ってやってくれた。小川の代表デビューは本当に嬉しかったし、刺激になる」と話し、OB選手の活躍を次世代の育成につなげていく構えを示した。

 試合では、伝統のハイプレスを発揮。攻撃では中盤で選手が流動的に動き、近い距離で連係してゴールへ向かった。前半6分に敵陣でボールを奪うと、素早くサイドを突破。中央にパスを入れ、味方のシュート性のボールを足下で受けたFW渋谷諒太(3年)が先制点を突き刺した。今季の主将を務める渋谷は「攻守に走る姿を背中で見せて、チームを引っ張りたいと思った」とFWでの起用を志願。先制点を決めて、完全にチームを勢い付かせた。

 さらに前半8分、渋谷が蹴った左CKをゴール前から戻したところで、MF松本洋太(3年)が難しいシュートをたたき込んで追加点。「以前は点を取るタイプではなくパスで終わっていたが、点を取れる選手になりたい」と繰り返してきたシュート練習の成果を発揮した。勢いは止まらず、前半14分に渋谷が蹴ったFKを昨季のU-17日本代表候補の経験を持つFW川畑優翔(3年)が豪快なヘディングシュートで合わせて3点目。川畑は「昨年は、先輩に頼っていたが、今年は自分が点を取って勝たせたい。開幕戦で点を取れて、得点王を狙って波に乗っていけるかなと思う」と手応えを語った。

 チームメイトが世代別代表、OBが日本代表と日の丸をつけたことの意味は大きい。主将の渋谷は「身近に感じられるのは、良い刺激。いつ誰が見てくれているか分からないので、常に100%でプレーすることを大事にしたい」と話した。ディフェンスリーダーとして無失点勝利に貢献したDF田口空我(3年)も「身長が高くないのでサイドの方が向いているのではないかとも言われるけど、自分は真ん中で広く関われるのが楽しいし、ヘディングはタイミングを取るのに自信があるので強み。高卒でのプロ入りも、世代別日本代表入りも狙っています」と意欲。190センチの長身を誇るGKデューフ エマニエル 凛太朗(2年)も「小川選手に続いて、もっと流経の選手が日本代表に入っていけるようにしたいし、自分も狙いたい」と意気込んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集