[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PK戦に敗れ涙 東福岡主将・上田はメンタル面の差を痛感「悔いが残る試合になった」

第99回全国高校サッカー選手権は3日、首都圏4会場で3回戦が行われ、等々力陸上競技場では東福岡(福岡)が矢板中央(栃木)にPK戦の末に敗れた。東福岡は4人中3人がPK失敗。主将のMF上田瑞季(3年)は試合後のオンライン会見で「メンタル的な部分が足りなかった」と目に涙を溜めた。

東福岡の上田【写真:河合拓】
東福岡の上田【写真:河合拓】

第99回全国高校サッカー選手権3回戦、PK戦で矢板中央に敗戦

 第99回全国高校サッカー選手権は3日、首都圏4会場で3回戦が行われ、等々力陸上競技場では東福岡(福岡)が矢板中央(栃木)にPK戦の末に敗れた。東福岡は4人中3人がPK失敗。主将のMF上田瑞季(3年)は試合後のオンライン会見で「メンタル的な部分が足りなかった」と目に涙を溜めた。

 悔しさがあふれた。両軍無得点で前後半が終了。PK戦で上田は2人目を務めた。枠内にシュートを放ったものの、矢板中央のGK藤井陽登(2年)にコースを読まれ、止められた。後続のMF青木、MF遠藤も続けて外し、1-3となって敗退が決定。会見で上田は「(PKを)外す人数が多く、メンタル的な部分が足りなかったと思う」と振り返った。

 チームは持ち前の攻撃力で幾度となく相手ゴールに襲い掛かったが、1点が遠かった。昨年は県大会決勝で筑陽学園に0-1で敗戦。悔しさを糧にチームを引っ張ってきた“赤い彗星”の主将は「勝てるところをこぼすゲームはもったいないと思うし、自分の中では悔いが残る試合になってしまった」と語った。

 同校4度目となる選手権制覇の夢は、後輩に託す。「シュート1本1本にこだわってやってほしい。絶対リベンジして日本一を取ってほしい」とメッセージを送った。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集