[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケW杯予選開幕 渡邉拓馬氏が見る「AKATSUKI FIVE」本大会出場へのキーマンは

東京五輪出場に向けW杯本大会出場はノルマ「結果を残さなければいけない時期」

 男子日本代表は、2020年に行われる東京五輪の出場を確約されていない立場だ。FIBA(国際バスケットボール連盟)は、開催国でも世界のトップチームでなければ出場権を与えておらず、わずか12枠の“狭き門”をくぐるには、19年のワールドカップに出場し、ベスト16以上の結果を収めることがひとつのノルマになる。自国開催の五輪出場権獲得、そして世界の強豪国と戦えるチャンスを掴むためにも、今回のワールドカップは是が非でも勝ち上がらなければならない。

「日本バスケは今、特に結果を残さなければいけない時期に差し掛かっています。今後を左右するターニングポイントになり得る大会ですので、勝利にこだわってガムシャラに戦ってほしいですね」

 日本代表を含め、長きに渡ってバスケ界の第一線を走ってきたからこそ、後輩たちの成功とバスケ界のさらなる発展を願う渡邉氏。11月15日、大塚製薬が企画し、バスケットボール、サッカー、バレーボール、柔道、テニス、バドミントンを通じて、全国170校の部活生を応援する「ポカリスエット エールキャラバン」の一環として埼玉・正智深谷高を訪問した際、約1200人の生徒を相手に行った講演でも、世界に触れ、自分の良さを見出すことの大切さを説いている。

「僕は大学時代にアメリカに短期留学して、(ユニバーシアードで)国際試合の経験もありました。正直、世界とはフィジカルからメンタルまで全てが違った。バスケに懸ける時間をもっと増やさないと勝てないと思ったので、そこから『生活をバスケに染めよう』と意識を変えました。まずは自分を知ること。そして、周囲の言葉に流されず、自分を貫くことが成長につながると思います」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集