[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名セッター竹下佳江さんはいかにして身長差を克服したのか 成長の秘訣とは

バレーボールで身長差に打ち勝つにはどうしたらいいのか――。2012年ロンドン五輪女子バレーボール銅メダリストで日本の名セッターとして名を馳せた竹下佳江さんがその“秘訣”を高校生に伝授した。

20160727_takeshita

「身長が低くても、何か一番のものを持ちなさい」―

 バレーボールで身長差に打ち勝つにはどうしたらいいのか――。2012年ロンドン五輪女子バレーボール銅メダリストで日本の名セッターとして名を馳せた竹下佳江さんがその“秘訣”を高校生に伝授した。

 今月12日、大塚製薬による「ポカリスエット ブカツ応援キャラバン」の一環で奈良県の天理高校を訪れ、生徒への講演会を実施。その後、バレーボール部に自らの経験とテクニックを伝えた。

 竹下さん自身、身長159センチとバレーボール選手としては小柄ながら、計3回の五輪に出場。長らく日本代表のセッターを務めてきた。4年前のロンドン大会では眞鍋政義監督のもとチームの精神的支柱となり、日本に1984年ロサンゼルス大会以来となるメダルをもたらした。

 日本バレーボール史に残る名セッターが訪れるとあって当日の会場には多くの生徒が駆けつけた。講演会では生徒からの質問にも親身になって回答。竹下さんと同じ身長の女子バレーボール部員・山崎睦妃さん(2年生)に「身長の高くない選手はどうすればいいか」と問われると、「実業団に入った時に『身長が低くても、何か一番のものを持ちなさい』と言われました。プレーでいうと、小さいからこそディフェンスやつなぎの部分で誰にも負けないと思っていました。また個々でできるサーブの精度など、絶対的なものを持っていると生きていく道はあると感じました」と、自身の経験からアドバイスを送った。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集