[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

連覇王手の青森山田 ピンチ多数も最少失点、黒田監督「守備コンセプト貫いた」

第98回全国高校サッカー選手権は11日、準決勝が埼玉スタジアム2〇〇2で行われた。前回王者の青森山田(青森)は帝京長岡(新潟)を2-1で破り、2年連続の決勝進出。史上10度目の大会連覇に王手をかけた。13日の決勝(埼玉スタジアム2〇〇2)の相手は、24年ぶりの優勝を狙う静岡学園に決まった。

連覇に王手をかけた青森山田イレブン【写真:宮内宏哉】
連覇に王手をかけた青森山田イレブン【写真:宮内宏哉】

猛攻に耐える展開「前半0-2でもおかしくないゲーム」

 第98回全国高校サッカー選手権は11日、準決勝が埼玉スタジアム2〇〇2で行われた。前回王者の青森山田(青森)は帝京長岡(新潟)を2-1で破り、2年連続の決勝進出。史上10度目の大会連覇に王手をかけた。13日の決勝(埼玉スタジアム2〇〇2)の相手は、24年ぶりの優勝を狙う静岡学園に決まった。

 序盤は帝京長岡のサイドを起点とした攻撃に苦しみ、何度もゴールを脅かされた。それでも前半16分、DF内田陽介(3年)のクロスをFW田中翔太(3年)がヘディングで決めて先制。後半2分には1年生MF松木玖生が左足で追加点を奪った。

 後半32分に帝京長岡MF田中克幸(3年)に個人技から得点を決められるも、最後までリードを守り切った。帝京長岡に幾度となく自軍ゴールを脅かされた青森山田・黒田剛監督は「ゲーム内容的には前半0-2で負けててもおかしくないゲームを、1-0で折り返せたのが幸運だった。選手は最後まで集中力を切らさず、青森山田の守備というコンセプトを貫き通したと思う」と振り返った。

 主将のMF武田英寿(3年)は前線での守備に追われ、後半アディショナルタイムに両足がつり、相手GKにピッチ外へ運び出されて交代した。「(足は)つっただけなので大丈夫です。1日休みなのでしっかり準備して、万全の状態で戦えるようにしたい」と、第79、80大会を連覇した国見(長崎)以来の大会連覇を見据えた。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集