[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズの“守備職人”を敵将も絶賛 リーグトップのスキルは名PGの父親譲り

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は10日(日本時間11日)の本拠地ホークス戦を鼠径部打撲により13戦連続欠場。主力の多くを負傷で欠くウィザーズだが、この日はデイビス・ベルターンズが復帰。勝率リーグ最下位に沈む相手を111-101で下し、大敗(89-123)を喫した8日のマジック戦からの立て直しに成功。13勝目を挙げた。

ゲイリー・ペイトン2世【写真:AP】
ゲイリー・ペイトン2世【写真:AP】

昨季最優秀新人賞候補トレイ・ヤングを“完封”

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は10日(日本時間11日)の本拠地ホークス戦を鼠径部打撲により13戦連続欠場。主力の多くを負傷で欠くウィザーズだが、この日はデイビス・ベルターンズが復帰。勝率リーグ最下位に沈む相手を111-101で下し、大敗(89-123)を喫した8日のマジック戦からの立て直しに成功。13勝目を挙げた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ホークスのエース、トレイ・ヤングを止めたのは、ゲイリー・ペイトン2世だった。スティールやディフレクションをマークするなど、序盤からエンジン全開だったペイトン。第1クォーター(Q)だけで2つの豪快なダンクを含む9得点、2リバウンド、1アシスト、1スティールと大車輪の活躍を見せた。

 この試合でペイトンが与えられたミッションは、ヤングをガードすること。ヤングは昨季、ルカ・ドンチッチと最優秀新人賞を最後まで争った逸材で、今季はここまで1試合平均得点数でリーグ4位につける、リーグ屈指のスコアラーだ。ペイトンはその役割をほぼ完ぺきに遂行。ヤングは第3Q終了時点までで、ペイトンがコートにいない、合計1分53秒間で5点を決めたのに対し、ペイトンがコートにいた、合計19分42秒間で10点しか決められなかった。

 ホークスのロイド・ピアースHCもこの守備力を手放しで称賛。「ディフェンス面で素晴らしかった。とても活発だったし、第1Qではとんでもないパフォーマンスを見せた」とヤングに自由を与えず、ウィザーズが一時15点のリードを奪った第1Qで、ペイトンの存在感が際立っていたと語った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集