[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本人の選手はすごく綺麗です」 世界一と評された中野友加里のドーナツスピン論

中野さんが考える、美しいドーナツスピンに最も必要なこと

――ドーナツスピンに大事なポイントがあるとしたら何なのでしょうか。

「一番はキャメル姿勢だと思います。最初のキャメル姿勢が綺麗でなかったり、エッジに乗れていなくて失速したりしていると、ドーナツに移行することができません。なので、キャメル姿勢の入り方が一番重要になってくるかなと思います。それはジャンプにも通ずるものがあると思います。全ては入り方でほぼ決まってくる」

――もし、体の部位で何か大事なポイントがあるとしたらどこでしょうか。

「肩回りと背中は柔らかくないとドーナツスピンの形を作ることができないので、肩回りと背筋ですね。背筋はあった方がいいかなと思います」

――ドーナツスピンが代名詞だった中野さんはドーナツスピンをより美しくするために、今言った肩回りや背筋の強化をしていたのでしょうか。

「スケーターは基本的にジャンプを日々やるので背筋力や脚力がもともと強いのですが、それに見合った腹筋や上半身の筋力がバランスよくついていないことがあります。そのため、陸上トレーニングでは懸垂をやり、柔軟体操は毎日休まず365日、練習がない日も行っていました。こればかりは毎日やらないと硬くなってしまいますので、柔軟体操は毎日やった方がいいですね」

――美しいドーナツスピンをするために何が最も必要だと思いますか。

「やっぱり一番は速さですよね。速度が求められると思います。ただ単に美しいドーナツスピンやっても大きな加点はいただけないと思うので、それに伴う速さがないと加点はもらえないと思います。柔軟性を伴う美しいドーナツスピンと回転速度の維持、さらにそれが加速できたら一層美しいと思います」

――ドーナツスピンの美しいスケーターはバイウル以外にいたのでしょうか。

「たくさんいます。特に私は日本人の選手はすごく綺麗だと思うんです。荒川静香さんはすごく柔軟性が高いので綺麗です。浅田真央さんは常に新しいことをやっていて、手の位置などもすごく研究されていたので綺麗だなと思います。最近は男子選手も当たり前にやるようになってきたので、時代は変わったなと感じています」

(辛 仁夏 / Synn Yinha)

1 2 3 4

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集