[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本人の選手はすごく綺麗です」 世界一と評された中野友加里のドーナツスピン論

中野さんが語るどんどん高速になるドーナツスピンの秘密【写真:荒川祐史】
中野さんが語るどんどん高速になるドーナツスピンの秘密【写真:荒川祐史】

どんどん高速になる中野さんのドーナツスピンの秘密

――膝の位置というのは。

「(右利きの場合は)左足の膝の位置です。右足の軸足はずっと変わらないので。右手で左足をつかみに行く際に左足の膝の位置の高さをできるだけ変えずに維持すると、速く回れるというか、回転速度があまり落ちないと思います」

――キャメルから右手を頭の後ろにして、左足のどこを持つのでしょうか。

「エッジです。エッジの持ち位置ですが、真ん中のエッジの部分を逆手で持って自分の頭に引き付けながら回ります」

――タイミングとしては回り出してから横か、それとも平行か。皆さん、これも人それぞれなのでしょうか。

「人それぞれですね。やり方は人それぞれですが、私は無駄に体を動かさないよう横になったまま手と足をくっつけてしまい、素早く足を頭の方に持ってくることによって、キュッと小さくなるので、回転速度が上がるんです。もともとキャメル姿勢は空気抵抗があるので、速く回れるスピンではないのですが、足を丸めることで回転の力が真ん中に集まり、回転速度が上がります。これをノロノロやっていると、どんどん回転速度が落ちてしまう。素早くやって回転速度を上げることにより、さらにその後、右足の軸の乗り位置によっても回転速度を上げられるので、これはもう練習あるのみかなと思います」

――中野さんのドーナツスピンはどんどん高速になる印象があります。

「それは練習しました。もちろん、ドーナツスピンの本体の方もなるべくコンパクトに、小さくまとめる必要があるのですが、小さくまとめたらその先は右足の軸足の乗り位置によって、回転速度のメリハリとまではいかないですが、少しずつ回転速度が上げることができます」

――そうすると本当に芸術的な形になってくると。

「あれは、スピード重視ですね。とにかく丸めるまでの過程をできるだけ短く早くドーナツスピンの姿勢に移行することが回転速度を落とさないことにつながるかなと」

――ポジションの作り方はいろんな方のやり方がある。

「そうですね」

――形としてはオーソドックスな普遍的で変わらないものと言ってもいいのでしょうか。

「はい。人それぞれに持っていき方もありますし、ドーナツになる形もあります。そして、エッジの持ち方も違うと思うので、自分で持ちやすい位置。そして、速く回れるスピードを見つけていくことが大事かなと思います。だから、私のやり方が一番正しいというわけではなくて、それぞれが練習していくうちに速く回れる場所、一番綺麗に見える場所を自分で発見していけるのではないかと思います」

1 2 3 4

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集