[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア大会後の「バンケット」って何? 選手にとって意外な“敵”との闘いとは

元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。16問目は「大会後にやるバンケットって何?」。

バンケットには選手にとって思わぬ“敵”も存在?【写真:荒川祐史】
バンケットには選手にとって思わぬ“敵”も存在?【写真:荒川祐史】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#94 中野友加里が答える「17のギモン」16問目

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

 元フィギュアスケート日本代表で「THE ANSWERスペシャリスト」を務める中野友加里さんは、ビギナーファン向けに競技にまつわる素朴な「17のギモン」に答えるミニコラムを大会期間中、毎日掲載。16問目は「大会後にやるバンケットって何?」。

 ◇ ◇ ◇

 ビギナーファンにはあまり知られていないが、フィギュアスケートには「バンケット」と呼ばれるイベントがある。

 簡単に言えば、大会後に行われる晩餐会。コロナ禍は実施されていないが、競技を終えた選手にとって楽しみの多い宴だ。中野さんは「現役を引退した今となっては『大会お疲れ様パーティー』ですね」と振り返り、説明する。

「大会主催者が開催してくださるパーティー。競技終了翌日のエキシビションが行われた後、出場した選手、コーチ、審判の皆さんが参加します。食事をしながら国籍を問わず交流し、大会によってはそこで表彰式も行われていました。大会でしか会えない仲間も多いので海外の選手と一緒に写真を撮ったり、ペアやアイスダンスなど他の種目の選手たちと思い出を作ったりを多くの選手とした思い出があります」

 SNSが発達した最近は、国や種目の壁を越えて撮影した写真を選手たちがアップし、ファンを喜ばせてくれる。また、開催国によって趣向を凝らした宴に。日本開催の大会で日本選手が着物で出席したこともある。

「私が思い出深いのは2008年に行われたスウェーデンの世界選手権。バンケットとともにディスコのようなダンスがあり、選手みんなで踊っている。そういうダンスに苦手意識のあった私に高橋大輔選手が『一緒に踊りに行こう!』と誘ってくれるけど、いざ行ってみると私を放置して一人で踊っていらしたことも……(笑)。ほかにも、長いと明け方まで夜通しやっていたこともあります。成人している選手はアルコール類も用意されていたので、みんなで踊って、いつまでも盛り上がりました」

1 2

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集