[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「フィギュア選手とメイク」の奥深き世界 演者へと切り替える“職人”のこだわり

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

宮原知子の「SAYURI」メイク、石井勲さんのアドバイスで目まわりに赤いシャドウを幅広く入れた【写真:Getty Images】
宮原知子の「SAYURI」メイク、石井勲さんのアドバイスで目まわりに赤いシャドウを幅広く入れた【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#93 連載「銀盤のささえびと」第7回・メイクサポート

「THE ANSWER」は北京五輪期間中、選手や関係者の知られざるストーリー、競技の専門家解説や意外と知らない知識を紹介し、五輪を新たな“見方”で楽しむ「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」を連日掲載。注目競技の一つ、フィギュアスケートは「フィギュアを好きな人はもっと好きに、フィギュアを知らない人は初めて好きになる17日間」をコンセプトに総力特集し、競技の“今”を伝え、競技の“これから”につなげる。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 連載「銀盤のささえびと」では、選手や大会をサポートする職人・関係者を取り上げ、彼らから見たフィギュアスケートの世界にスポットライトを当てる。第7回は「メイクサポート」。株式会社コーセーのメイクアップアーティスト・石井勲さんは多くのスケーターのメイクサポートを手がけてきた。強さと美しさが共存する競技に情熱を捧げる理由、そしてメイクが選手にもたらす効果について明かした。(取材・文=長島 恭子)

 ◇ ◇ ◇

 2006年より、日本スケート連盟のオフィシャルパートナーである株式会社コーセー。化粧品製造・販売を手がける同社では、NHK杯、全日本選手権、そしてコーセー新横浜スケートセンターでのアイスショー「Dreams on Ice」を中心に、フィギュアスケーターのメイクサポートを行う。

「メイクアップはフィギュアの世界観を高める表現の一つ。衣装、曲、演じるイメージから、選手たちが演じる世界をいかに引き上げていくか。そういった視点から、メイクの強弱や色のバランスなどが重要となります」

 そう話すのは、コーセーのメイクアップアーティスト、石井勲さん。フィギュアスケートやアーティスティックスイミング日本代表のメイク監修など長年アスリートのメイクをサポートしている。

 フィギュアスケートにおいては、数百人にわたる世界各国の選手へメイクを手掛け、選手の表現力アップに貢献してきた。

石井さんらは、08年のグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯で初めて、フィギュアスケートの競技会でメイクブースを設置。しかし、当時は大会中、日本の選手は一人も来なかったという。

「当時来てくれたのがアメリカ代表の長洲未来さんだけ。日本の選手からは『この人たちは誰なのだろう?』と怪訝にみられる勢いで(笑)、誰も来なかったんです。

 その後も2、3度競技会でブースを出しましたが、やっぱり選手は来ない。その後、選手たちから話を聞き、試合当日はどこからメイクをスタートするか決めている、他人とあまり触れないようにしているなど、それぞれにルーティンがあることを知りました。

 それからメイクサポートは、競技会のエキシビションとアイスショーに限りやることにしています」

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集