[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元阪神・亀山つとむ氏が福島・いわきで「夢」応援 小中学生に「失敗のすすめ」

かつて阪神の外野手として活躍した亀山つとむ氏が16日、福島・いわき市で小中学生の野球少年に“守備の極意”を伝授した。元ゴールデングラブ賞、球宴2度出場と俊足好守で鳴らした亀山氏はなぜ、いわきを訪れたのか。それは「東北『夢』応援プログラム」を通じた3年にわたる“縁”があるからだ。

亀山つとむ氏は、福島・いわき市の小中学生の野球少年に“守備の極意”を伝授した【写真:村上正広】
亀山つとむ氏は、福島・いわき市の小中学生の野球少年に“守備の極意”を伝授した【写真:村上正広】

元ゴールデングローブ賞の名手が守備のコツを伝授

 かつて阪神の外野手として活躍した亀山つとむ氏が16日、福島・いわき市で小中学生の野球少年に“守備の極意”を伝授した。元ゴールデングラブ賞、球宴2度出場と俊足好守で鳴らした亀山氏はなぜ、いわきを訪れたのか。それは「東北『夢』応援プログラム」を通じた3年にわたる“縁”があるからだ。

 公益財団法人「東日本大震災復興支援財団」は、被災地の子供たちが持つ「やりたい気持ち」や「夢」をサポートしようと「東北『夢』応援プログラム」を企画。多種多様なスポーツを対象に、スマートフォンやタブレットを通じた動画やテキストメッセージを使いながら、オンライン上で1対1の遠隔指導を継続し、子供たちが設定した目標に少しでも近付けようという画期的な取り組みを行っている。

 野球編で「夢応援マイスター」という先生役を務めるのが、現在は履正社医療スポーツ専門学校でも野球を教える亀山氏だ。2016年にスタートしたこのプログラムでは「いわきFスポーツクラブ」の野球少年を生徒に迎え、1年を一区切りにテーマを変えて指導を行ってきた。この日は昨年6月から取り組んできた「守備編」の成果発表イベントが行われ、プログラムに参加した9人が1年の集大成を披露した。

 1年ぶりに子供たちと再会した亀山氏は開口一番、「大きくなったなぁ」と感慨深げ。今年から中学生になった子供たちも多く、成長真っ盛りで少し大人になった姿に目を細めた。前日に降った大雨の影響でグラウンド状態が悪く、あいにく室内での開催となったが、それでも子供たちのやる気と亀山氏の情熱に曇りはなかった。

 この1年間のテーマは「守備」。遠隔指導では、1.グラブさばき(5か所のボールを捕球)、2.動きの中でのグラブさばき(移動しながらの捕球)、3.足の運び(捕球から目標に向かって)、4.ボールの移動(グラブの中から素速く握るまで)、5.基本動作のまとめ(捕球から送球まで)という課題に取り組んだ。「ずっとつながりながら教えてきた集大成を見せてください」と話す亀山氏を前に、最初はやや緊張の面持ちだった子供たちも、すぐに表情をほころばせ、フライ、ゴロといった球をフォアハンドやバックハンドで巧みにさばいて好プレーを披露。要所で亀山氏が送るアドバイスにも、目を輝かせながら耳を傾けた。

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集