[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

瀬戸大也、400m個メVで2冠&五輪内定 “北島超え”日本人初の個人メダル3個で幕

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、最終日(28日)の男子400メートル個人メドレー決勝で、前回大会銅メダルの瀬戸大也(ANA)が4分8秒95で金メダルを獲得した。24日の200メートルバタフライ銀メダル、25日の200メートル個人メドレー金メダルに続く、今大会3つ目のメダルで、優勝者に与えられる東京五輪出場権を得た。

瀬戸大也【写真:Getty Images】
瀬戸大也【写真:Getty Images】

同一種目4大会連続表彰台も日本人初、記録ずくめの2大会ぶり3度目Vで2冠

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳は、最終日(28日)の男子400メートル個人メドレー決勝で、前回大会銅メダルの瀬戸大也(ANA)が4分8秒95で金メダルを獲得した。24日の200メートルバタフライ銀メダル、25日の200メートル個人メドレー金メダルに続く、今大会3つ目のメダルで、優勝者に与えられる東京五輪出場権を得た。

 ここまでの2種目とも決勝で自己ベスト更新と絶好調だ。本命種目の400メートル個人メドレーは、2013、15年以来3度目の金メダルで王座奪還。世界水泳での日本人の1大会メダル3個は、男子平泳ぎの北島康介氏と女子背泳ぎの中村真衣氏だけだが、ともにリレーのメダルを含んでいる。

 レースは得意のバタフライで自己ベストを上回り、続く背泳ぎで体一つのリードに広げる。平泳ぎもリードを保ったが、最終泳法の自由形で失速。最後はジェイ・リザーランド(米国)に詰められたが、なんとか0秒27差でしのぎ切った。

 個人種目だけでのメダル3個は日本人初の快挙で、通算4個目の金メダルも北島氏を上回る最多だ。4分12秒27でトップ通過だった午前の予選後には「最低ライン。周りが遅かったので後半は結構流しました」と淡々。リオ五輪銀メダルで最大のライバルと目されていたチェイス・カリシュ(米国)が全体10位でまさかの予選落ちとなり「決勝は一人旅します」と優勝を宣言していた。

 同一種目の4大会連続表彰台も日本人初、1大会複数金メダルは03年大会の北島氏以来となる日本勢2人目。日本のエース&男子主将が記録ずくめの大会を、圧巻の強さで締めくくった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集