[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子サッカー界の「出産=引退後」という常識 妊娠が分かり、引退を考えた岩清水梓の転機

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。2日目は「女性アスリートと出産」。女子サッカーの元なでしこジャパン・岩清水梓(日テレ・東京ヴェルティベレーザ)が登場する。

女子サッカーの元なでしこジャパン・岩清水梓が語る「女性アスリートと出産」の前編【写真:松橋晶子】
女子サッカーの元なでしこジャパン・岩清水梓が語る「女性アスリートと出産」の前編【写真:松橋晶子】

「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」2日目 テーマは「女性アスリートと出産」前編

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。2日目は「女性アスリートと出産」。女子サッカーの元なでしこジャパン・岩清水梓(日テレ・東京ヴェルティベレーザ)が登場する。

 10代のアンダー世代から日本代表で活躍し、2011年女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝するなど、女子サッカー界を牽引してきた名ディフェンダーは、32歳で一般男性と結婚。現役選手のまま、33歳で長男を出産した。前編では、女子サッカー界にある「出産=引退後」という暗黙の了解を明かし、自身も妊娠判明後に一度は引退を考えたものの、現役続行を決断するに至った転機を語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・出口 夏奈子)

 ◇ ◇ ◇

 オンライン取材中、何度も愛息がパソコン画面を覗き込む。プロサッカー選手として取材に答える顔のなかに時折、母としての表情を覗かせる。2011年、日本サッカー界初のW杯優勝を成し遂げた“なでしこジャパン”の一員だった岩清水梓は今、35歳に。母になって2年が経った。

「もうかわいいです。どんどん言葉も出てきて、最近は言っていることも分かりますし、ちょっと会話ができるようになったのがすごく不思議というか、楽しいです」

 日本の女子サッカー界を牽引する一人として、日テレ・東京ヴェルディベレーザで、そして日本代表で慌ただしくサッカー漬けの毎日を送ってきた。それでも「いまだかつて経験したことがない」と目を丸くするほど、1年が、1日が過ぎるのが早い。それもそのはずで、岩清水の1日は濃密だ。

「息子の起きる時間次第ですが、よく寝てくれるのでだいたい朝8時前後に起床します。朝ご飯を食べて、10時前後に保育園に預けて、1度自宅に戻ってきてから夕飯の準備をして、お昼を食べて、12時半過ぎには家を出ます。14時からのチーム練習前に自分なりの準備をして、トレーニングが終わると、体のケアをして、18時半には息子を迎えに行って。帰宅して夕飯を食べて、一緒にお風呂に入って、子どもを寝かしつけると、ようやくフリータイム。洗濯物を畳みながらテレビを見て、23時頃に寝る毎日です(苦笑)」

 プロサッカー選手である前に、一人の女性であり、人間だ。

「いずれは家族を持ちたい」。そう漠然と考えていたという。しかし、20代の頃は日本代表として常に世界と戦っており、国を背負っている以上、自身のライフプランは考えられなかった。結婚、出産は現役を退いてから。それが、女子サッカー界の暗黙の了解だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集