[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スマホ疲れに効果的 プロ野球トレーナーが教える、自宅でできる“目トレ”方法

広島東洋カープの石井雅也ヘッドトレーナー【写真:荒川祐史】
広島東洋カープの石井雅也ヘッドトレーナー【写真:荒川祐史】

家族と一緒にゲーム感覚で機能回復を

(エクササイズ3)
 次にコーチは選手の前に立ちます。選手は基本姿勢を保ちます。2つのボールを頭の上から顔の前を通るように離してキャッチ出来るようにするトレーニングです。最初はボールが見える位置(死角にならない位置)で始めてください。慣れてきたら2つのボールの位置を横に広げて難易度を上げていっても良いですし、ボールの位置を少し高くして見えない位置からスタート(死角)しても面白くなります。

(エクササイズ4)
 選手は基本姿勢をとって、コーチが横からボールを投げ込みます。選手は正面に視点を固定しておいてください。飛んできたボールを手でブロックするようにしてください。バリエーションは上記と同じです。

 この他にもバリエーションを考えながら、トレーニングすると楽しめると思います。例えば最初に上げた8つの能力を考慮しながら、部屋の明るさを変えたり、ボールに数字を書いたり、アニメの主人公を張り付けそれを当てたり、また赤色と黄色にだけ反応するなどオリジナルのエクササイズを加えてみるのもいいでしょう。

 その他、片目で上記のトレーニングを行ったり、メガネに紙を張り付けて視野を狭くしたりするのも一つです。体幹も鍛えるなら片足立ちで同様のメニューを行うのも効果的です。もし自分がコーチなら、腹筋で起き上がるときにボールを投げ込んだりするかもしれませんね(笑)。

 気分が落ち込んでしまいがちな状況ですが、トレーニングをしながらご家族で楽しい時間が過ごせると良いですね。

(石井 雅也 / Masaya Ishii)

1 2

石井雅也

1965年9月3日、広島県生まれ。株式会社広島東洋カープトレーナー部長、ヘッドトレーナー、日本プロ野球トレーナー協会会長。広島東洋カープ、エグザス治療院、JTサンダース、ピープル(現コナミスポーツ)競泳選手パーソナルトレーナー等を経て現在は広島東洋カープトレーナー部長。選手たちの体を支え、2016年からのリーグ3連覇に大きく貢献する。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集