[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

夏に落ちる食欲 体作りに必要なタンパク質はどう摂る? 暑さに関係ないお手軽食材

タンパク質は見た目の若々しさ、健康的な体の維持にも絶対欠かせない

 肉ならば、脂質の少ない鶏肉は食欲のない時も比較的食べやすい。なかでも、ゆでた鶏むね肉は便利。割いてそうめんや冷や麦の上にのせたり、チーズと一緒に食パンにのせて焼いたりしてもいい。夏野菜のきゅうりと一緒に、ごま油や酢であえてもさっぱりと食べられます。「暑いから火を使って料理をしたくない」という日は、市販のサラダチキンを野菜サラダにのせて食べてもいいでしょう。

 そのほか、ヨーグルトやチーズも食事やおやつに、手軽に加えられるタンパク源です。豆腐も良いですが、大豆製品はアミノ酸スコア100ではないので、メインではなく汁物や副菜で加えると良い食品。やはり、1品は動物性のタンパク源を食べる方が、効率がいいでしょう。

 私も結構、卵や牛乳に頼っています。卵は安価で保存もきくし、ゆで卵にすれば、仕事が忙しく、食べる時間をゆっくり取れないときでも食べやすい。肉や魚が足りない日は、1日2個ぐらいは食べています。最近、気に入っているのは煮卵。好きな固さにゆでたら、ファスナー付きの保存袋で、めんつゆに一晩つけ置けば完成。半熟に茹でて、ご飯やトーストのトッピングにすると、黄身がトロリとしておいしい。もちろん、麺類のトッピングにもピッタリです。

 食べやすい物だけ何となく食べ続けていたら、せっかくつけてきた筋肉も落ちてしまいます。タンパク質は筋肉だけでなく、皮ふ、髪、爪、骨、内臓、そしてホルモンなどの材料にもなります。ただでさえ筋肉が落ちやすくなる30代以降は、引き締まった体作りだけでなく、見た目の若々しさや健康的な体を維持するためにも、絶対に欠かせません。「食欲が落ちたおかげで、体重も落ちたよ!」などと、喜んでいる場合ではありませんよ!

(※)アミノ酸スコアとは食品に含まれるタンパク質と必須アミノ酸を数値で表した指標。アミノ酸スコア100の食材は、体内でのタンパク質合成に欠かせない9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいる。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得る。クルム伊達公子選手の現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。主な著書に『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)、『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集